駆立犬豚日記

ラグビーとか東大阪とかの人が、だらだらと書くブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhoneの一軍をさらす2012年10月24日


今回からフォルダを真面目に使うことにしました。
左下から
Ever note関連
メールメッセージ関連
カメラ関連
SNS関連
SNSをまとめたのでFacebookとmixiが一つになりました。
あとFacebookページも。

新しく一軍入りしたのが
○リマインダー
 iOS5の頃から地味に使っていましたが、Chatworkとの併用(連携ではない)で効果が倍増する気がして試し使い
○SPACEALC(ブックマーク)
 スマホサイトがかなり使いやすくなっていたので
○最速QR
 ソフトスタジオ製。起動するだけでサイトアクセスまで可能
○駅すぱあと
 最近電車移動一択なので路線登録して便利に使っています。

2軍落ちは
・Passbook・・・結局まだ使いものにならない
・Dropbox・・・別に一軍でなくてもいいや

来月はどうなってるのか楽しみですね。
来月までにアフィリエイト始めよう。
スポンサーサイト

ONE PIECEは6巻からが勝負らしい

今更ながらワンピースを読み始めております。
1-IMG_9819.jpg
中3になる生徒くんが、全巻揃えるほどのファンでして、以前から読め読めと勧められていました。
また、よく行くバーのマスターからも「なかなかおもしろいですよ」と聞いていたので、少し期待しながら借りてみました。

1巻を読み終わっての感想は
「まあまあ面白かった」
です。
好きな人の話を聞くと、天地を揺るがすほどの面白さのような気がしていたので、若干調子抜け。
それを件のマスターに言うと
「6巻ぐらいからが面白くなってくると思います」
と。チョッパーが出てくるところが最初のヤマなんだとか。
知ってる、チョッパー。

確かに最近
「○○巻くらいから面白くなってくる」
という表現を他の漫画でも耳にします。
えーと、、、6巻というとです。1巻10話やとして60話。連載ベースで考えると1年以上助走期間があったことになります。
昔のジャンプのイメージですと、アンケートの順位が悪ければ10週打ち切りなどが当たり前にあるようですから、助走期間もある程度面白くあり続け、、1年以上経過して真の面白さを発揮すると。
これはすごい。
僕が子供の頃よく読んでいた漫画は、最初の爆発的な面白さをいかに持続させるか。
そんな漫画が多かったように記憶しています。

ここ数年、私達が中高生の頃では考えられない「ちょっと休みます」といった休載も、青年誌では見かけられます。
GANTZなんかいつ掲載されてるのかわかりません(笑)
漫画と漫画家と読者を取り巻く環境も変化するんですね。

とこの記事を書いている最中に2巻も読み終わりました。
面白いっていう人の気持ちもわからんでも無くなって来ましたよ。

馬券はどんな形でも当てた奴が一番偉い ゴールドシップの菊花賞

今年も菊花賞が終わりました。
皐月賞馬で大本命のゴールドシップが2冠達成。道中最後方から京都の坂の上りでスパートをかけ他馬をぶっこ抜くという、ミスターシービーを彷彿とさせる豪快なレースぶりでした。


さて、菊花賞前に放映されていたJRAのCM。今年はThe WINNNERということで過去の当該G1勝ち馬を紹介する形式なのですが、今回は83年のミスターシービー。

ミスターシービーもゴールドシップと同じく、京都の坂の上りを最後方からスパートしました。それまでは「ゆっくり上ってゆっくり下ると」言われていた京都の坂を駆け上がったのです。

競馬には色んな楽しみ方があります。スポーツとしても楽しいですし、血統やドラマを楽しむのもいいです。
でも忘れてはならないのが、競馬のギャンブルとしての側面です。
もちろんギャンブルですから、馬券は取った人が一番偉いのです。

私の馬券の師匠がサイン派でした。
サイン派というのは、出馬表に隠された勝ち馬に関するサインを読み解いて馬券を的中させるという人たちで、そのヒントは時事問題やポスター、TVのCMにまで隠されているといいます。
ミスターシービーを使ったThe WINNERをみて。
後方から進むことが予想されたゴールドシップを読みきって。
馬券を的中させた人がいたとしたら。
今日馬券を外した誰よりも偉いんです。
データや血統、調教にパドックなど技術と知識を駆使しても、外してしまったら当てた奴に偉そうに言えない。
それが競馬の素晴らしいところです。


さて、天皇賞秋は88年タマモクロス。オグリキャップとの芦毛対決を制しました。
サインは何なのか。3歳馬が2着ということなのか、芦毛が来るということなのか、展開か、タイムか、血統か。
28日まで、じっくり考えることにします。

あ、ちなみに私は血統派です。

負けました


本日のライナーズは10-18でトヨタ自動車に敗戦しました。
----

こんだけミスしたら勝てないよー!
と、ホンマに叫んでしまう展開。
あのキックが切れていれば。
あそこで内に走らなければ。
イージーなPGがもう一本決まっていれば。

たらればのパレードです。
ホンマにもったいない。
こんなことが当たり前にできるようになれば、すごく強いチームですよね。

あー、しかし疲れた。

「将棋とは命を巡るやりとりである」

coverpage_20121016215419.jpg
http://www.weeklypost.com/121026jp/index.html

今日、コンビニで時間を潰していたら、週刊ポストが目に入った。
週刊文春や週刊新潮など週刊誌は数あるが
私が小学生の頃、父がよく買ってきていたのでどれよりも身近に感じるのが週刊ポストだ。

20年以上前から変わらず、扇情的な表紙。
世の中の裏側を知ったような気になれる表題。
すばらしい。

ペラペラとめくっていくと、面白い特集が。
「将棋とは命を巡るやりとりである」
16ページに渡って、歴代棋士の、棋戦の、名勝負の熱き物語が綴られている。
将棋に詳しくない私でもこれは大変な力作であると感じる。
読みたい。でも、もう時間がない。

昔なら、数年前までの私ならここで、週刊ポストを購入したはずだ。
だが、今日の私は
「ネットにころがってるかも」
と嫌らしい気持ちを起こしてしまい、水を買ってコンビニを出た。

なんとも、私はこの数年の間に
小さな人物になっていたようだ。
自分が嫌になって、泣いてしまった。

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

やぎ

Author:やぎ
ニックネームは「やぎ」です。
最近は「週刊ひがしおおさか」の中の人として活動しておます。
ラグビーをはじめとする、広報のお仕事もしています。
書くことが仕事になって、ちょっと感慨深いです。
これも毎日ここで書いてきたおかげかな?
仕事にはならないようなことをここでは書き続けようと思います。

趣味はYouTube鑑賞。

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー(月別)

09 ≪│2012/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

おすすめ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter

全国スポーツ競技場行脚

ラグビー

大阪

・近鉄花園ラグビー場
2011.01.29 キヤノン 対 ホンダ
2010.05.16 近鉄 対 関西学院大学
2008.01.12 近鉄 対 ワールド

・近鉄花園ラグビー場第二グランド
2009.12.05 摂南大学 対 大阪体育大学

・東大阪多目的グランド(第3グランド)

・長居陸上競技場

・長居第二陸上競技場

・ドコモ南港グラウンド


近畿

・宝が池球技場 (京都)
2012.11.04 天理大学 対 立命館大学

・西京極陸上競技場 (京都)
2015.11.21 サントリー 対 クボタ

・神戸総合運動公園競技場 (兵庫)
2015.06.14 神戸製鋼OB 対 ワールドOB
2013.11.24 近畿大学 対 関西学院大学

・加古川運動公園陸上競技場 (兵庫)

・ホームズスタジアム神戸 (兵庫)

・天理親里球技場 (奈良) 2016.06.05 天理大学 対 帝京大学


関東

・秩父宮ラグビー場 (東京)

・ニッパツ三ツ沢球技場 (神奈川)


中部

・名古屋市瑞穂競技場 (愛知)

・トヨタスタジアム (愛知)

・鈴鹿スポーツガーデン (三重)

・西部緑地公園陸上競技場 (石川)


四国

・徳島市競技場 (徳島)

・ポカリスエットスタジアム (徳島)


九州

・レベルファイブスタジアム (福岡)


野球場

・マツダスタジアム
2010.08.12 広島東洋カープ 対 阪神タイガーズ

・(旧)広島市民球場

・オリーブスタジアム

・鳴門市民球場

・花園セントラルスタジアム


室内

池田市五月山体育館
2009.12.20 大阪エヴェッサ 対 仙台89ERS

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブクログ本棚

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。