駆立犬豚日記

ラグビーとか東大阪とかの人が、だらだらと書くブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星野源は福山雅治である

「逃げ恥」が話題になっている頃、弊社のデザイナー兼カメラマンであるH氏(女性)と
星野源とはなんなのか?
と話をしていた。
芸能人オタクでないと、星野源が何者なのかよくわからない。というネタ話。
俳優、バンド、コラム、ラジオ、下ネタとH氏の知る星野源知識およびGoogle先生の教えに導かれて
星野源とは福山雅治である。
と結論付けた。
いい意味で「中途半端で多彩な才能」の中心にあるのは眉目秀麗な容姿。
容姿を核に、自然に見える(見せている)芸能活動で非凡さを表現しているのだ。と。
この結論に対し、世間的に若者ではなくなった人わかりやすく言えばすでに星野源のターゲット層ではなくなった年齢の人たちもっとわかりやすく言えば星野源をかっこいいと思えないオバハンたちは
「ぜんぜんかっこよくない」
という。
いやいや、この容姿が現代的眉目秀麗なのだ。
そもそも顔面に偏差値などなく、加山雄三だって私たち団塊ジュニアにはぜんぜん眉目秀麗じゃない。
「イケメン」の基準は社会環境によっても変わるのだ。
ゲレンデに行けば、滑れる男はモテたのだ。
さて、こんな「星野源福山雅治説」を別のスタッフさん (女性)に伝えた。スタッフさんは星野源や森山未來(私は顔しか知りませんが)が好きらしい。
「…やめてください。私が1番最初に星野源の魅力に気づきましたから。〇〇のころから好きなんです」
懐かしい。
この「〇〇の頃から好き」という発言。まさに福山雅治そのものである。
「おお、この感じ、ますます星野源は福山雅治やと帰納的に証明したくなるな。」
と私がいうと
「やめてください。星野源は星野源です。」
と反論を受けたので、この話題はここまでに。
星野源は星野源です。

星野源が芸能界関係者に「第2の○○」と言われ始めている
http://myjitsu.jp/archives/15408
スポンサーサイト

名前の出ない高評価

新年早々、いいことがあった。
ここ数年、情熱を注いできた仕事が大きなメディアに取り上げてもらったのだ。

命名権、SNS…関西ラグビー協会の超変革が手本に (ニッカンスポーツ)
http://www.nikkansports.com/sports/column/we-love-sports/news/1759355.html


ブログを頻繁に更新していた頃。まだ私が学習塾の経営者だった頃に
「ラグビーは面白い」
と言い続けてきた。
マニアックなことが好きな自分アピールだった部分もあるのだが、なかなか伝わらないので意地になって試合を見に行ったりもした。

仕事をシフトした際に、考えたのは勝てる場所だった。
教育業界はとにかくライバルが多い。
チラシを撒くことすら節約しなければならなかった私には、大きなお金を広告費につぎ込むライバルたちに怯えていたのだと思う。
新しいステージは、強敵がいないところがいい。
自分の強みが活かせる場所がいい。
そう感じて、取り組んだのが「東大阪」と「ラグビー」だった。

ラグビーは、とにかくITが遅れていた。
自分の強みをITだと思っていた(今思うとちゃんちゃらおかしいのですが)私は、自分が成長してギリギリ手が届く業界としてラグビーを設定し、邁進した。
勝つための戦略をたて、戦術を選択し、愚直に実行していったのだ。

失敗も数多くしたが、それを上回る仕事量でそれをカバー。何よりもラグビーの情報を世に出すことを最優先してきた。
もちろん、それが故にともに歩けなくなる仲間もいた。
数々の裏切りと利己によって、ラグビーにすべてを捧げてきたと言っていい。
それほど本気で取り組んできた。

そんな本気の取り組みが評価されることはとてもうれしい。
でもラグビーは、メディア露出がまだまだ少ない。
判断できることも増えてきた私の責任も、もちろん重くなってきた。

ワールドカップのその先へ。
気を引き締めて、且つ失敗を恐れずやっていこうと思う。

しかし、名前が出ずに褒められるのは、本当にうれしい。
逆に、こういった名前の出ない評価を受けていれば、頑張れるかもしれない。

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

やぎ

Author:やぎ
ニックネームは「やぎ」です。
最近は「週刊ひがしおおさか」の中の人として活動しておます。
ラグビーをはじめとする、広報のお仕事もしています。
書くことが仕事になって、ちょっと感慨深いです。
これも毎日ここで書いてきたおかげかな?
仕事にはならないようなことをここでは書き続けようと思います。

趣味はYouTube鑑賞。

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー(月別)

12 ≪│2017/01│≫ 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

おすすめ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter

全国スポーツ競技場行脚

ラグビー

大阪

・近鉄花園ラグビー場
2011.01.29 キヤノン 対 ホンダ
2010.05.16 近鉄 対 関西学院大学
2008.01.12 近鉄 対 ワールド

・近鉄花園ラグビー場第二グランド
2009.12.05 摂南大学 対 大阪体育大学

・東大阪多目的グランド(第3グランド)

・長居陸上競技場

・長居第二陸上競技場

・ドコモ南港グラウンド


近畿

・宝が池球技場 (京都)
2012.11.04 天理大学 対 立命館大学

・西京極陸上競技場 (京都)
2015.11.21 サントリー 対 クボタ

・神戸総合運動公園競技場 (兵庫)
2015.06.14 神戸製鋼OB 対 ワールドOB
2013.11.24 近畿大学 対 関西学院大学

・加古川運動公園陸上競技場 (兵庫)

・ホームズスタジアム神戸 (兵庫)

・天理親里球技場 (奈良) 2016.06.05 天理大学 対 帝京大学


関東

・秩父宮ラグビー場 (東京)

・ニッパツ三ツ沢球技場 (神奈川)


中部

・名古屋市瑞穂競技場 (愛知)

・トヨタスタジアム (愛知)

・鈴鹿スポーツガーデン (三重)

・西部緑地公園陸上競技場 (石川)


四国

・徳島市競技場 (徳島)

・ポカリスエットスタジアム (徳島)


九州

・レベルファイブスタジアム (福岡)


野球場

・マツダスタジアム
2010.08.12 広島東洋カープ 対 阪神タイガーズ

・(旧)広島市民球場

・オリーブスタジアム

・鳴門市民球場

・花園セントラルスタジアム


室内

池田市五月山体育館
2009.12.20 大阪エヴェッサ 対 仙台89ERS

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブクログ本棚

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。