駆立犬豚日記

ラグビーとか東大阪とかの人が、だらだらと書くブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モール崩しNG

久しぶりにラグビーの話題を。興味がない人もお付き合い下さいね(笑)

ラグビーと言う競技は他の多くのスポーツと違い、ちょくちょくルールが改正されます。
例えば僕が子どもの頃は、トライで4点、ゴールで2点。ペナルティーゴールで3点でした。
今はトライが5点になっています。
その他細部は10年に一度、大きな変更は20年に一度のペースで行われています。

ラグビー:新ルール「引き倒し」認めず…モール攻撃復権か (読売新聞)

 昨年、ラグビー界を大きく揺るがせたのがELVsと言われる「試験的ルール」の導入でした。
大きな変更を行うので、そのお試しルールが昨年8月から1年限定で実施されていたのです。
細かいルール改正から、大きな変更まで。昨年の日本のラグビー界でもこのELVsにうまく対応できたチーム(帝京大学、関西学院大学、近鉄、東芝)が調子がよくうまく対応できなかったチーム(明治大学、京都産業大学、トヨタ自動車)が成績を落としてしまいました。

 さて今シーズンの世界のラグビーも、5月のハイネケンカップ(サッカーで言うヨーロッパチャンピオンズリーグ)が終われば、いったん区切りが付きます。夏はシーズンオフ。
 それを踏まえ先月30日、国際ラグビー競技会(以下IRB)が「試験的」では無い、本決まりのルール改正を発表しました。その中に衝撃的な一文が。

「モールを防御する際、引き倒すプレーは従来通り禁止とする」

えぇぇぇぇぇ!!!!
モール (ラグビー) - Wikipedia

モールというのは、ラグビーにおける密集先方の一つ。複数のプレイヤーがボールを中心に固まって、前に進んでいく、そう、ラグビーが「面白くない!」と言う人がラックと一緒に真っ先に上げる、アレ。

確かにボールを持っている人間が明確ではないし、体の大きい方が圧倒的に有利。
だからELVsでも
「もっとボールが動くラグビーを」
と言う意図でモール崩しがOKになりました。
こんな風に。

今までこれは反則でした。
モールで攻撃されたら、倒さずに立って応戦しなきゃならないルールだったのです。
が、ELVs下ではもう、はがされるはがされる(笑)
結果モールは有効な手段ではなくなっていたのです。
そして2年前までよく見られた
ラインアウト→モール→サイドアタック
と言う攻撃は昨年から全く見られなくなっていたのです。
だって、モールの防御って以前はとても人数が必要だったんですよ。
それが、引き倒したらOKだから、そこには人数をかけず、モール付近の別の場所をマークすることが可能になったんですから。

モールが激減してしまい、当たり前ですが、モールやモールからのサイドアタックに必要不可欠だった、走るのは必ずしも得意ではないが、力が強くて大きい
バツベイさんのような選手は、もう、出番無し(笑)
ほとんど出場無くバツベイさんは近鉄を解雇になってしまいました。
昇格の立役者で、ラグビー界一の人気者なのに。

が、ここへ来てモール復活!
モール崩しOKルール見送りの理由としてIRBは
1.モールディフェンスに人数がかからなくなって、ラインディフェンスがしやすくなり点が入りにくくなった
2.モールディフェンスで引き倒しOKにすると、下敷きになって危険だ。
なんて発表していますが
1は元から解っていたことですし、2は「何を今更」ですよ。ラグビーってのは怪我をするスポーツです。

本当は、IRBは、
3.侍バツベイ選手のようなプレイヤーが有効でなくなるのは、ラグビー界にとって不利益である
って言ったんじゃないですか?!
いや、絶対にそうだ!
侍バツベイ万歳!バツベイまだまだやれるぜ!

と言いたいけど、バツベイさん次のチームまだ決まってないんだよね。
キャノンとか、サニックスとか色々噂はあるけどね。
もう一回みたい、バツベイのサイドアタック。

頑張れバツベイ
スポンサーサイト

コメント

どもども。
お久しぶりです。

>あのモールが嫌い。プレイの流れが途切れるから。
そう言う方にはこちら
ラグビーリーグ - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0
日本では13人制と呼ばれていまして、「タックル、モール、ラック、スクラム」がほぼ削除されたラグビーです。
オーストラリアでは日本的に言う普通のラグビー(これを世界的にはラグビーユニオンと言います)よりも人気があり、プロ選手も多数存在します。

あと、セブンスと呼ばれる7人制のラグビーも面白いですよ。
香港では毎年「香港セブンス」と呼ばれる大きな国際大会が行われています。
こちらは7人だけのラグビーで、密集でのパワープレーが存在しません。
セブンスはオリンピック競技入りを目指していますので、もしかしたら近いうちにポピュラーな存在になるかも知れませんね。

とラグビーのバリエーションを2つ上げましたが、僕個人の趣味ではやっぱり通常の15人制が大好きです。ラグビーには、どんな人にだって適合するポジションが用意されています。
僕は今プロップです。
ポン太さんにも必ず適合するポジションがあります。
そんな競技って、ラグビー以外にありませんから、その点はすばらしいと思いますよ。

>ラグビーが「面白くない!」と言う人がラックと一緒に真っ先に上げる、アレ。

そう、ラグビーに興味がない越後屋はあのモールが嫌い。プレイの流れが途切れるから。中で何やってるかわからないし。
ならばアメフトのように流れが止まったら(ボールが地面に着く、ボールを持っていたプレイヤーが倒れる等)そこからリスタートという明確なルールが有れば見た目わかりやすいのに、と思ったり。

でもまぁ詳しい人にはあの密集から次にどう動くか、が楽しみなんでしょうねぇ。

安心して下さい。
今年からまたモール復活。
僕もドライビングモール大好き。

でも近鉄はモールを捨ててしまったんですよね(笑)
だって、取り消しになるなんて思わないじゃん(笑)
さーどうなるのかなぁ。

個人的にはモール好きだけどねw
特にドライビングモールw
啓光の代名詞だったよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://yote.blog46.fc2.com/tb.php/1323-73929207

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

やぎ

Author:やぎ
ニックネームは「やぎ」です。
最近は「週刊ひがしおおさか」の中の人として活動しておます。
ラグビーをはじめとする、広報のお仕事もしています。
書くことが仕事になって、ちょっと感慨深いです。
これも毎日ここで書いてきたおかげかな?
仕事にはならないようなことをここでは書き続けようと思います。

趣味はYouTube鑑賞。

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

おすすめ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter

全国スポーツ競技場行脚

ラグビー

大阪

・近鉄花園ラグビー場
2011.01.29 キヤノン 対 ホンダ
2010.05.16 近鉄 対 関西学院大学
2008.01.12 近鉄 対 ワールド

・近鉄花園ラグビー場第二グランド
2009.12.05 摂南大学 対 大阪体育大学

・東大阪多目的グランド(第3グランド)

・長居陸上競技場

・長居第二陸上競技場

・ドコモ南港グラウンド


近畿

・宝が池球技場 (京都)
2012.11.04 天理大学 対 立命館大学

・西京極陸上競技場 (京都)
2015.11.21 サントリー 対 クボタ

・神戸総合運動公園競技場 (兵庫)
2015.06.14 神戸製鋼OB 対 ワールドOB
2013.11.24 近畿大学 対 関西学院大学

・加古川運動公園陸上競技場 (兵庫)

・ホームズスタジアム神戸 (兵庫)

・天理親里球技場 (奈良) 2016.06.05 天理大学 対 帝京大学


関東

・秩父宮ラグビー場 (東京)

・ニッパツ三ツ沢球技場 (神奈川)


中部

・名古屋市瑞穂競技場 (愛知)

・トヨタスタジアム (愛知)

・鈴鹿スポーツガーデン (三重)

・西部緑地公園陸上競技場 (石川)


四国

・徳島市競技場 (徳島)

・ポカリスエットスタジアム (徳島)


九州

・レベルファイブスタジアム (福岡)


野球場

・マツダスタジアム
2010.08.12 広島東洋カープ 対 阪神タイガーズ

・(旧)広島市民球場

・オリーブスタジアム

・鳴門市民球場

・花園セントラルスタジアム


室内

池田市五月山体育館
2009.12.20 大阪エヴェッサ 対 仙台89ERS

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブクログ本棚

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。