駆立犬豚日記

ラグビーとか東大阪とかの人が、だらだらと書くブログ

ペーパレス時代

ブックオフ株取得:出版再編の序章 敵対から共存へ、大手の思惑 (毎日新聞)
【ドラマ・企業攻防】ブックオフ“改善計画” 黒子の大日本印刷が表舞台へ  (MSN産経ニュース)

なかなか面白いニュース。
古本売買大手のブックオフの株式が、既存出版社連合に買われたという話です。
すげーな。これ、独禁法にひっかからないの?
買収じゃないからいいの?
てか、そこまで既存の紙媒体にこだわるのは、大日本印刷が主導してるからなのか(笑)
そりゃ死活問題だもんな。

私、昨年の今時分、会社勤めをしておりました。
勤め先で一番驚いたことが、
「なるべく紙を使わないように」
と言う姿勢。
具体的に言うと、
・FAXは受信するとサーバー内に置かれ、必要な物だけ印刷。
・資料として必要なカタログはPDFにして保存。原本は2部のみ保存。
・報告書関連はすべてWord or Excelファイルで提出
・見積書は社印を押す必要のある物のみ印刷。それ以外はPDFでメールに添付。
・日報・月報・報告書は社内SNSで、オープンに。
とまぁ、さっと思い出せる物だけでもこれだけありました。
「当たり前じゃん?!」
と言われればそれまでなんですが、引きこもりだった僕にとって、そりゃ先進的。
だいたい僕の客はレベルが低いから僕に世話になってるわけですからね(笑)
こんな事書いてますが、その会社も売り上げと仕入れは完全に台帳ベースで管理してましたけど(笑)

と言う事で、自営業復帰してからは良いところは見習おうと思い
・社内SNS
・ITサポート関連資料のPDF化
・カタログ類のPDF化
はすぐに行いました。

今のところ社内SNS以外は皆さんに好評。
てか社内SNSだけはバイトの子達が自分で書かなきゃいけないから、思いっきり不評です(笑)

後漢期に紙が発明されて以来、出版という業務が発生し、活版印刷が発明されてからはそれが事業として成り立つようになりました。
が、1990年代後半から発達した情報通信網(インターネット)はその
「印刷」
と言う業務を縮小させ、出版というビジネスモデルから集金部分を取り去ってしまおうとしています。
そして残されたのが「コンテンツ」です。

結局出版社は本に価値を付加して販売するのではなく、紙を媒体としてコンテンツを販売していたと言うことなのですが、はてさてそれに気がついているのかどうか・・・。

海の向こうからは「Kindle」なんてのもやってきます。
今までの電子出版事業の失敗は、電子出版事態に問題が有るのではなく、単純に使い勝手が悪かったから。
「でもやっぱり書籍は、紙でなくちゃ」
なんて言うのは、甘い幻想だと思います。ブックオフなんて、時代の徒花でしょう。
日本の出版業界は、海外から来る「ペーパレス」の波に耐えられるかな?

大日本印刷へのお付き合いはそこそこにして、電子出版をこれからどうしていくか、その辺を出版ビック3には考えて欲しい。

と、iPhoneでコンテンツを配信しようとしている男は思うわけです。
スポンサーサイト

コメント

あー確かにそうですね。
僕がいた会社も、基本的に
「ITリテラシーの高い人間しか採用しない」
と言う基本方針があったみたいで、みんなすごかった(笑)
それで初めてペーパレスは実現できるもんなんですね。

ただ、10年も20年もすれば、リテラシーも相当上がるはず。
それに向けた対策を、出版社はしっかりやっといて欲しいですね。
と、わかりきっていた少子化に対応できなかった塾業界に生息するやぎは思います(笑)

中小企業向きオフコン業界にいる越後屋です。
いつ頃からですかね、「OA化によるペーパーレス」とか言われたのは。でも実際OA化しても紙は減るどころか増えたと言う顛末。
かなり個人スキル上げないと、ペーパーレスって難しいんですよねぇ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://yote.blog46.fc2.com/tb.php/1344-a522331c

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

やぎ

Author:やぎ
ニックネームは「やぎ」です。
最近は「週刊ひがしおおさか」の中の人として活動しておます。
ラグビーをはじめとする、広報のお仕事もしています。
書くことが仕事になって、ちょっと感慨深いです。
これも毎日ここで書いてきたおかげかな?
仕事にはならないようなことをここでは書き続けようと思います。

趣味はYouTube鑑賞。

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

おすすめ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter

全国スポーツ競技場行脚

ラグビー

大阪

・近鉄花園ラグビー場
2011.01.29 キヤノン 対 ホンダ
2010.05.16 近鉄 対 関西学院大学
2008.01.12 近鉄 対 ワールド

・近鉄花園ラグビー場第二グランド
2009.12.05 摂南大学 対 大阪体育大学

・東大阪多目的グランド(第3グランド)

・長居陸上競技場

・長居第二陸上競技場

・ドコモ南港グラウンド


近畿

・宝が池球技場 (京都)
2012.11.04 天理大学 対 立命館大学

・西京極陸上競技場 (京都)
2015.11.21 サントリー 対 クボタ

・神戸総合運動公園競技場 (兵庫)
2015.06.14 神戸製鋼OB 対 ワールドOB
2013.11.24 近畿大学 対 関西学院大学

・加古川運動公園陸上競技場 (兵庫)

・ホームズスタジアム神戸 (兵庫)

・天理親里球技場 (奈良) 2016.06.05 天理大学 対 帝京大学


関東

・秩父宮ラグビー場 (東京)

・ニッパツ三ツ沢球技場 (神奈川)


中部

・名古屋市瑞穂競技場 (愛知)

・トヨタスタジアム (愛知)

・鈴鹿スポーツガーデン (三重)

・西部緑地公園陸上競技場 (石川)


四国

・徳島市競技場 (徳島)

・ポカリスエットスタジアム (徳島)


九州

・レベルファイブスタジアム (福岡)


野球場

・マツダスタジアム
2010.08.12 広島東洋カープ 対 阪神タイガーズ

・(旧)広島市民球場

・オリーブスタジアム

・鳴門市民球場

・花園セントラルスタジアム


室内

池田市五月山体育館
2009.12.20 大阪エヴェッサ 対 仙台89ERS

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブクログ本棚

FC2Ad

Template by たけやん