駆り立てるのは野心と欲望、横たわるのは犬と豚

ラグビーとか東大阪とかの情報を発信する男のブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

セブンズ

この前の日曜日、近鉄花園ラグビー場で「関西ラグビー祭り」が行われました。
ラグビースクールから社会人、OBチームと言った関西のラグビーチームが一同に会し、一日に何試合も行う
言わば関西ラグビーのブリーダーズカップ。
そんな美味しいイベントに、今年も行ってまいりました。

099.jpg



098.jpg
近鉄花園ラグビー場は、正式なグランドで2面。練習用などのグランドを入れると5面のグランドをもっており、
この日は至る所でラグビーの試合が行われています。
私が所属するチームの出場…と言う事はなく
私はしっかり観戦を楽しみました。

メインは12時30分から行われた
近鉄ライナーズ対関西学院大学
半分プロのチームが相手ですから、昨年関西大学Aリーグで無敵だった関学も、流石にかなうはずもなく
結果は90-0で近鉄ライナーズの勝利。
楽々と突破するライナーズに対し、バックスまでボールを供給する前に潰される関学。
見ている側には緊張感もなく、まーこんなもんだろう。
と言った試合でした。

が、この日の本当のメインはこの後に行われた7人制ラグビー「セブンズ」でした。
2016年のオリンピックから正式にオリンピック種目になるセブンズ。
日本ではメチャメチャマイナーな存在ですが、香港では5万人規模の観客を集める大会(香港セブンズ)も有りますし、フィジーやケニアでは15人制以上に盛んなスポーツ。
以下が私が某所に書いたセブンズ紹介記事

~セブンズって知ってる?~
昨年八月、二〇一六年リオデジャネイロオリンピックからラグビーが正式種目として行われることが決定しました。しかし採用されたのは、日本人にはあまり馴染みのない「セブンズ」と呼ばれる七人制のラグビーです。
 日本でほとんど目にすることの無いセブンズですが、十五人制よりも盛んな国も多く、特に香港で行われる国際大会「香港セブンズ」は、毎年何万人も観客を集める人気スポーツイベントです。
 セブンズのルールは十五人制ラグビーとほとんど変わりません。違うのは人数が七人である事と試合時間が十四~二〇分と短い事。3人がスクラムを組むフォワード、4人がボールを持って走るバックスになります。
 そして最大の魅力は、十五人制と同じ広いフィールドをいっぱいに使って、スピード感たっぷりに走りまわるところと、終了間際の逆転独走トライも度々見られる、スリリングな試合展開です。
 またセブンズは十五人制と違って、応援がとても華やかです。ビールを片手に大ハシャギして観戦したり、顔に国旗をペイントしている人も沢山見かけます。中にはコスプレをして観戦する人もいたりと、初めて観戦した人でも、とても盛り上がれます。
 波乱も多く、体格に劣る日本人向けとも言われるセブンズ。これを機会に、ちょっと勉強しながら観てみるのは、いかがでしょうか。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今回ラグビー祭りで行われたのは、関西大学Aリーグに所属する8大学のセブンズトーナメント。
通常団体競技のトーナメント戦ですから、それなりの大会期間が必要です。
ところがセブンズはハーフが7分~10分と言うことも有り、一日複数試合が常。
この日も昼過ぎに始まった大会が16時30分に決勝戦が終わってしまうと言うコンパクトさ。
主催者もセブンズを意識して試合中に洋楽を流したり、観客席の大学生も思いっきり自チームの応援をします。
これがまた盛り上がるんです。
人為的にトライを取りやすく、見せ場をわかりやすくしているので、ラグビーがわからなくても周りと一体となって楽しめるんですね。

これは、うまくやれば結構盛り上がるイベントを作れますよ・・・。
問題は、観客席作り。
私が観戦した席は、昨年関西大学リーグで2位だった大学の控え50人程が近くにいたので、その大学が出ているときは一緒に盛り上がれました。
が、その大学が出ていない試合は
「おー。」
とか
「へー。」
とかそんな程度。
その分、私もダラーっとしちゃいました。
そこをうまくやれれば、何か変えることができるんじゃないでしょうか。

大会一つが一日で終了できるチームスポーツ。
ちょっと可能性を感じちゃいました。

ちなみに、優勝したのは私の母校でした(笑)
スポンサーサイト

| ラグビー | 18:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yote.blog46.fc2.com/tb.php/1431-228f3743

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT