駆立犬豚日記

ラグビーとか東大阪とかの人が、だらだらと書くブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロスレビュー

200607041038000.jpg

最近ゲーム雑誌「ファミ通」が20周年を迎えました。
僕はパソコン雑誌「LOGIN」の1コーナーであったときからの読者なので感慨深いです。
5号連続スペシャルなんかもやっていて
「思えば遠くへ来たもんだ」
です。

ファミ通が創刊されてすぐ「クロスレビュー」と言うコーナーが掲載されるようになりました。
発売されるゲームを10点満点で評価するんですね。
掲載され始めた頃はよく
「ゲームのおもしろさを数値化するのはおかしい」
とか
「ゲームの本当のおもしろさは数時間数日と続けて遊んだ時にわかるものであり、明らかに1,2時間プレイしただけで何がわかるのか?」
などと言われていました。
一度ライバルゲーム雑誌で「ファミ通クロスレビューについて考える」と言った、他誌の企画について論議する記事まで出てくるくらい物議を醸しておりました。

結論から言いますと、僕個人としてはおおむね賛成です。
理由はゲームの単価の高さです。
小説や映画のように「これ買ってみようかな。」と言う価格ではありません。当たり前のように5000円するんですから。
そんな読者側の要望に支えられてかどうだかしれませんが、今やファミ通の看板コーナーですし、ゲームショップなどは新作の仕入れを「クロスレビューの点数を元に行っている」と公言したりする店まであります。
やはり現在は攻略や新作情報はネットでいくらでも確認できる時代です。やはり雑誌の利点は「適切な目を持ってふるいにかけられた情報」だと思いますしね。頼りにしてるんですよ。

さて、写真に使わせていただいたのはカプコンから6/29に発売された「ファインダーラブ」というゲームです。
グラビアアイドルを撮影するカメラマンとなって被写体と仲良くなったりする煩悩むき出し企画ゲームです。
メーカーもすっぱり割り切っておりゲームの中身は全く練られていません。どこかで見たことがあるようなシステム。見ただけで想像が付きそうな操作性。カプコンが発売するからむちゃくちゃなゲームではないだろうけど・・・。
ところが思っていたよりこのゲームの点数が高い。
4人が点数をつけて「6,5,7,6」
かなり大雑把な印象で言うと7で良くできたゲーム。8で面白いゲーム。9で名作。10でやらなきゃ損をするゲーム。
この基準に基づくならば、まあ買っても損をしたと思う人はそういないであろうと。ただ1年後には買ったことすら忘れているであろうなと。そんなゲームかなぁ・・。と判断するのはすべて読者の経験なわけだ。
点数には一緒に遊んだ編集者のコメントも添えてある。実は結構ここが重要で所謂「大人の事情」で得点を高くせざるを得ないゲームなど(いくらできが悪くてもドラクエやファイナルファンタジークラスのゲームに6点はつけられない。あとメーカーと雑誌社の力関係も(笑))はコメント欄で「俺はもうちょっと低くつけたかった」とアピールしているときもあるのだ。よって僕は毎週全ゲームの全クロスレビューの全コメントをチェックする。これはもう習慣だ。

で、件の「ファインダーラブ」についてなのだが。
コメントが皆大人なのだ。
「ミニゲーム中の読み込みはテンポが悪い」や「彼女たちのファン限定になってしまうけど十分楽しめるはず」など。
これはいただけない。
一人二人ならいい。
ただクロスレビューをしている、点数をつけている人間は4人いるのだ。もっと主観的に見たっていいじゃないか。こんなゲームだからこそ。すごく事務的なのだ。
このゲーム「原史奈」と「ほしのあき」と「工藤里紗」の3バージョン発売されている。
僕ははっきり言って原史奈がいい。原史奈バージョンなら買ってもいい(万馬券当たってたら)。でもほしのあきがいい人だっているはず。その辺りが点数にもコメントにも全く出ていない。
唯一7点をつけた編集者が「もじもじくすぐったい」と書いている。が。
この方は女性だ!
はっきり言って、女性にグラビアアイドルの魅力満載のゲームが楽しいわけが無かろう。「くすぐったい」もなかろう?!?!
もっと言うなら点数が「8,6,3,5」となっても問題のないゲームだろう?!?!

以前よりいろんなところで指摘されているが
ファミ通のクロスレビューは10年ほど「4人が採点している意味がわからない」。
どんなゲームでも4人の点数が似通っている。差が2点になれば目立つくらいだ。
特に名作や秀作のシリーズになると「8,8,8,8」とかになる。大人の事情満開。これにはいつも脱力だ。

僕はゲームマニアにしては珍しく、親ファミ通派だ。
それだからこそファミ通にはもうちょっと4人の点数に個性を出させてやって欲しいと思う。
権威ある週刊ファミ通がそうすることによって
「ゲームの趣向は人それぞれ」と言った他の娯楽では当たり前の認識が生まれてくるんだと思う。
そこから市場規模が拡大していくんじゃないかなぁ。

そういや昔クロスレビューで低得点を出しまくっていた「TACO・X」とか「渋谷洋一」とかは何をしているんだろう・・・。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://yote.blog46.fc2.com/tb.php/144-065252c8

10点満点

 例えば友人に映画の感想を聞いて「まあまあだった」と言われると、たいして見る意欲が湧かない。しかし「最低だった。あんなつまんない映画は観たことがない」と言われると、逆に興味が出てくるものだ。 で、こんな画像を見つけた。 ゲーム雑誌にここまで書かせるとは…

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

やぎ

Author:やぎ
ニックネームは「やぎ」です。
最近は「週刊ひがしおおさか」の中の人として活動しておます。
ラグビーをはじめとする、広報のお仕事もしています。
書くことが仕事になって、ちょっと感慨深いです。
これも毎日ここで書いてきたおかげかな?
仕事にはならないようなことをここでは書き続けようと思います。

趣味はYouTube鑑賞。

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

おすすめ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter

全国スポーツ競技場行脚

ラグビー

大阪

・近鉄花園ラグビー場
2011.01.29 キヤノン 対 ホンダ
2010.05.16 近鉄 対 関西学院大学
2008.01.12 近鉄 対 ワールド

・近鉄花園ラグビー場第二グランド
2009.12.05 摂南大学 対 大阪体育大学

・東大阪多目的グランド(第3グランド)

・長居陸上競技場

・長居第二陸上競技場

・ドコモ南港グラウンド


近畿

・宝が池球技場 (京都)
2012.11.04 天理大学 対 立命館大学

・西京極陸上競技場 (京都)
2015.11.21 サントリー 対 クボタ

・神戸総合運動公園競技場 (兵庫)
2015.06.14 神戸製鋼OB 対 ワールドOB
2013.11.24 近畿大学 対 関西学院大学

・加古川運動公園陸上競技場 (兵庫)

・ホームズスタジアム神戸 (兵庫)

・天理親里球技場 (奈良) 2016.06.05 天理大学 対 帝京大学


関東

・秩父宮ラグビー場 (東京)

・ニッパツ三ツ沢球技場 (神奈川)


中部

・名古屋市瑞穂競技場 (愛知)

・トヨタスタジアム (愛知)

・鈴鹿スポーツガーデン (三重)

・西部緑地公園陸上競技場 (石川)


四国

・徳島市競技場 (徳島)

・ポカリスエットスタジアム (徳島)


九州

・レベルファイブスタジアム (福岡)


野球場

・マツダスタジアム
2010.08.12 広島東洋カープ 対 阪神タイガーズ

・(旧)広島市民球場

・オリーブスタジアム

・鳴門市民球場

・花園セントラルスタジアム


室内

池田市五月山体育館
2009.12.20 大阪エヴェッサ 対 仙台89ERS

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブクログ本棚

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。