駆立犬豚日記

ラグビーとか東大阪とかの人が、だらだらと書くブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読売が進んで来た道は正しかった。

8月から地上波中継せず フジ、不振の巨人戦

Yahoo!Newsのトップで扱われたこともあり、そこかしこで話題になっているこのニュース。
フジテレビは放映権を持っている巨人戦の放映を地上波では放映しない方向だという。

このニュースを聞いて僕が真っ先に感じた感想は
「巨人が今まで掲げてきた「常勝」というスローガンは正しかったんだな。」
と言うことだった。

阪神ファンである僕は、巨人の「常勝」という言葉に、常に疑問を感じていた。
野球というのは他競技に類を見ないほど負ける競技である。
優勝チームの勝率が6割を切ることもままある。
それは130試合以上も行うという興業上の事情もあるが、個人競技の集合体である野球の「競技としての特殊性」があると思う。個の力がチームに伝わりにくいのだ。
勝ったり負けたり。負けることも楽しむのが野球であり、スポーツなのだ。

だからどうして巨人が毎年巨額の投資をし、「常勝」であり続けようとするのかわからなかった。
結果として勝ち続けたのであれば興業上の成功は得られるのだろうが、勝ち続けようとすることに意味はあるのか。
例え勝てなくても企業として問題があるほどの経済的ダメージはあるまい・・。と思っていたのだ。
ところがである。

最も驚いたのは視聴率の低下である。
巨人が勝てなくなったとたんに視聴率がぐんぐん下がる。
さらにファンが個人で運営するファンホームページの更新が止まる。
高校時代(15~18年前)に巨人ファンで有名だった知人が、当たり前のように甲子園へ阪神タイガースの応援に出かける。もちろんハッピ・メガホン付きでだ。
そしてテレビでの放送時間短縮ついには・・・。

巨人戦が地上波で行われないことに関しては、当たり前のことだと思う。
一球団だけが毎試合全国中継などという、日本プロ野球界では当たり前になっていたことだが、
そんなことは絶対におかしい。
地方局が地元の試合だけは全試合中継。
CSやBSでは全試合中継。
好きなら金払って見たっていいじゃないか。
もちろんニュース自体が「巨人衰退」の象徴として扱われている事は十分理解しているのだが。

勝てなくなったからなんだというのだ。
2002年と今年と何が違うというのだ。
ただ勝利しているかしていないか。それだけではないか。

読売の考えは正しかった。
とにかく勝たなきゃ行けなかった。
今まで高視聴率を支え、超満員のスタンドを支え、会社で、学校で巨人の話題に熱くなってきた人たちにとっては

勝つことだけが、存在意義だったのだ。

読売が進んで来た道は、本当に正しかったと思う。
スポンサーサイト

コメント

>ただ、もうそのビジネスモデルには限界があるのではないでしょうか。
そうですよね。
ジャイアンツが生み出したビジネスモデルというのは、勝ち続ける一部のチームと赤字を抱え続ける大多数のチームに分かれてしまうという、高度経済成長でもしていなければ到底成り立ち得ないスタイルです。

FA制と逆指名が導入された2、3年後の話です。テレビ番組のゲストにロッテの重光オーナー代行が出演されていました。
そこで氏は
「このままいけばジャイアンツ以外はみんな破産しちゃう日が来ます。そうですね、、、10年後くらいでしょうか。」
と仰ってました。
まさかそんなと思いましたが実際にそういう日が来ちゃいましたね。
それに続けて
「我々はちょっと勝てなくなったくらいで応援をしてくれなくなるようなファンではなく、本当にチームと一緒に戦ってくれるような、弱い時にこそ応援してくれるようなファンを獲得しようと思っています。」
と話しておられたんです。
それが、今のロッテなんでしょうね。

結局この先プロ野球が進むべき道はその
「チームと一緒に戦ってくれるような」ファンの獲得しかないんでしょう。
ただそのそれに続けて
「我々はちょっと勝てなくなったくらいで応援をしてくれなくなるようなファンではなく、本当にチームと一緒に戦ってくれるような、弱い時にこそ応援してくれるようなファンを獲得しようと思っています。」
と話しておられたんです。
それが、今のロッテなんでしょうね。

結局この先プロ野球が進むべき道はその
「チームと一緒に戦ってくれるような」ファン
の定義もハッキリしませんし、地域密着というのもとうにカビが生えてますし。
難しいですわ。
世界のどこにもお手本はないんですよ。
でもその産みの苦しみを乗り越えて、日本のプロ野球が世界のスポーツビジネスから手本とされるような仕組みを確立して欲しいものです。
そのためにななら、一野球ファンでしかない僕も精一杯の協力をしますから。

>近藤634さん
>彼らは最初にTVをつけた時に巨人が負けて
>いれば即座にチャンネルを変えます。
阪神ファンにも多いと思います。中高時代に団体競技を経験した人に多い傾向だと思います。プレイヤーの視点で見てしまうんじゃないでしょうか?証明はできませんが。

>民放テレビのTV視聴率を支えてきた野球ファンは
>ほとんどが巨人ファンだったってことですな。
そうなんですよ。
阪神ファンだとしても、結局は巨人との対比で阪神を見ていた人というのが多いですね。
それはもう立派な巨人ファンです。


>duca-meさん
SUN-TVにとっては唯一無二の有料コンテンツですから、4年連続最下位とかそう簡単にやめられないですよ(笑)
あと84年以前は弱くないです。
優勝こそありませんが3位4位を繰り返してましたよ。

>ボブさん
>活躍して当たり前って感じの。
これはメディアの取り上げ方だと思うんですけどね。
そう考えると「自分たちの至らなさを棚に上げて、全部巨人のせいかよ。」
とも感じるんですが。
松井秀喜って偉大だったのかもしれませんね。
巨人は松井のチームだったんですよね。

>結局、巨人のファンって烏合の衆だっただけですよ。
これは今の阪神にも言えることで、もし勝てなくなってしまった時に一体ファンはどうするのか。
楽しみです。

金になるチーム

 V9時代から(もっと前から?)ジャイアンツはプロ野球人気を牽引してきた、まさに「巨人」なんですね。強いジャイアンツだったからここまでの国民的支持を得られたんだと思います。「強いジャイアンツが好き!」というファンは「ジャイアンツが好き」というよりは「強いチームが好き」なので、そういうファンにも応援してもらう(金を落としてもらう)ためには、なりふり構わず勝ちに行く必要があるのでしょう。

 ただ、もうそのビジネスモデルには限界があるのではないでしょうか。今さらジャイアンツが強くなったところで、離れて行ってしまったファンが帰ってくるとも考えにくい。

 じゃあどうすればいいのかというと、なかなかいいアイデアが思いつかないですね。このままではいけないということはナベツネ以外みんな分かっているんだけど…。

ビンゴ!!

うちのガキも大の巨人ファンです。
彼らは最初にTVをつけた時に巨人が負けて
いれば即座にチャンネルを変えます。
その逆で勝っていれば大量得点差の面白く
ない試合でも試合を見続けます

なんだかなぁ~。。。。

とにかく勝てばいいんだ!という思想が脳内
を支配していることは事実だと思います。

そんないやらしい部分を感じるからなのか
どうも巨人ファンの人とは仲良くなれません。。
(巨人ファンがダメという意味ではないッス(汗))

野球のいいところは筋書きのないドラマが
見れるところや、チームとしての成長、衰退を
理解したうえで、そのチームなりの戦いかたを
楽しむことだと思います(それが分からない奴
が多いこと(苦笑))

民放テレビのTV視聴率を支えてきた野球ファンは
ほとんどが巨人ファンだったってことですな。

実に明快かつ手厳しい論理ですね、全面的に同意します、
面白い投稿をありがとう!(笑)

結局、極最近までONの遺産を食い潰してきたツケが漸く周ってきただけでは?
上原、高橋由、二岡あたりの生え抜きスター選手はいるけど皆、用兵臭いでしょ?
活躍して当たり前って感じの。
他のFA移籍してきた選手もそう。
叩き上げの選手がいないから強くないと支持が集まらない。
結局、巨人のファンって烏合の衆だっただけですよ。

それと情報が多様化して巨人以外に選択肢の無かった人達が他所に行った。
ただそれだけなのかも知れません。
あと民放の放送形態も考え直す必要があるかもね、無駄に煩いしいい加減な解説も多いですからね。

では

最下位になっても放送がなくならない○UN-TVは寛大なのかな?(笑)
っていうか、弱かった84年までは悪態つきながらも懲りずに阪神を応援してたけど、あれは何でだろ?(爆)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://yote.blog46.fc2.com/tb.php/151-aea6b34d

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

やぎ

Author:やぎ
ニックネームは「やぎ」です。
最近は「週刊ひがしおおさか」の中の人として活動しておます。
ラグビーをはじめとする、広報のお仕事もしています。
書くことが仕事になって、ちょっと感慨深いです。
これも毎日ここで書いてきたおかげかな?
仕事にはならないようなことをここでは書き続けようと思います。

趣味はYouTube鑑賞。

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

おすすめ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter

全国スポーツ競技場行脚

ラグビー

大阪

・近鉄花園ラグビー場
2011.01.29 キヤノン 対 ホンダ
2010.05.16 近鉄 対 関西学院大学
2008.01.12 近鉄 対 ワールド

・近鉄花園ラグビー場第二グランド
2009.12.05 摂南大学 対 大阪体育大学

・東大阪多目的グランド(第3グランド)

・長居陸上競技場

・長居第二陸上競技場

・ドコモ南港グラウンド


近畿

・宝が池球技場 (京都)
2012.11.04 天理大学 対 立命館大学

・西京極陸上競技場 (京都)
2015.11.21 サントリー 対 クボタ

・神戸総合運動公園競技場 (兵庫)
2015.06.14 神戸製鋼OB 対 ワールドOB
2013.11.24 近畿大学 対 関西学院大学

・加古川運動公園陸上競技場 (兵庫)

・ホームズスタジアム神戸 (兵庫)

・天理親里球技場 (奈良) 2016.06.05 天理大学 対 帝京大学


関東

・秩父宮ラグビー場 (東京)

・ニッパツ三ツ沢球技場 (神奈川)


中部

・名古屋市瑞穂競技場 (愛知)

・トヨタスタジアム (愛知)

・鈴鹿スポーツガーデン (三重)

・西部緑地公園陸上競技場 (石川)


四国

・徳島市競技場 (徳島)

・ポカリスエットスタジアム (徳島)


九州

・レベルファイブスタジアム (福岡)


野球場

・マツダスタジアム
2010.08.12 広島東洋カープ 対 阪神タイガーズ

・(旧)広島市民球場

・オリーブスタジアム

・鳴門市民球場

・花園セントラルスタジアム


室内

池田市五月山体育館
2009.12.20 大阪エヴェッサ 対 仙台89ERS

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブクログ本棚

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。