駆り立てるのは野心と欲望、横たわるのは犬と豚

ラグビーとか東大阪とかの情報を発信する男のブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ギャンブルが好きなら常に期待値を意識しろ

オリンピックマニアの私が、もっとも期待していたバトミントンで現実的に金を狙える選手のスキャンダル。今後の展開によってはメディアが大騒ぎし、取り返しのつかないことになるやもしれません。

バドミントン新旧エース、裏カジノ賭博 リオ五輪絶望
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160407-00000012-asahi-spo



と、ここからはギャンブル好きのおっさんのつぶやきなのですが…。
まず疑問として、なんで違法カジノなんか行くんやろってことです。
「人の趣味に口出しすんな!」
と常日頃から言うてる私ですが、国内のカジノはリスクが高すぎる。
日本国には3競オートと呼ばれる法で認められた公営ギャンブルが存在するし、実質カジノ状態のパチンコ・パチスロがまちなかに乱立する。まさにギャンブル天国。
「どうしてもカジノ」というのなら、韓国へ飛行機で行けばいい。1泊2日で遊んで帰ってきたらいい。
それがなぜワザワザ、国内でカジノなのか。
もうひとつは、
「バトミントン界は血の滲む努力で世界に通用する選手を育成する環境を整備してきたのに、お前らがしょーもないことしたらアカンがな」
ということ。
オグシオなんて飛び道具までつくりだして、必死の思いでトマス杯優勝や日本人選手の世界ランク4位が実現したわけだ。
なんともやりきれん。
「社会的影響を鑑みて、自分のやりたいことを自粛しろ」とは言わん。「世話になった人のことを考えろ」とも言わん。まして「スポーツ選手なんだから立派な人でいなさい」とも言わん。
でも、勝負師なら目標から逆算して最短ルートになる道を歩む努力はしよう。
「回り道したからこそよかった」
は、おっさんが道を振り返った時に初めて言うんもんや。
ハイリスク・ローリターンな賭場ではってはならん。ギャンブルが好きなら常に期待値を意識しろ。
賭けたいから賭けるなんてギャンブルをする奴は、ギャンブラーの風上にもおけん。
と、ギャンブル狂のおっさんは、若者たちに言いたい。
スポンサーサイト

| 日常 | 10:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yote.blog46.fc2.com/tb.php/1548-d6ce11d4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT