駆立犬豚日記

ラグビーとか東大阪とかの人が、だらだらと書くブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨年は天皇賞を的中させているわけだが

昨年は適当に買った中にヘブンリーロマンスがいたために何となく的中させてしまったんですが、、、

1-1 アサクサデンエン(牡7、藤田伸二・河野通文)
1-2 カンパニー(牡5、福永祐一・音無秀孝)
2-3 サクラメガワンダー(牡3、内田博幸・友道康夫)
2-4 ダンスインザムード(牝5、北村宏司・藤沢和雄)
3-5 ローエングリン(牡7、柴田善臣・伊藤正徳)
3-6 トリリオンカット(牡6、和田竜二・音無秀孝)
4-7 スイープトウショウ(牝5、池添謙一・鶴留明雄)
4-8 コスモバルク(牡5、五十嵐冬樹・田部和則)
5-9 インティライミ(牡4、佐藤哲三・佐々木晶三)
5-10 スウィフトカレント(牡5、横山典弘・森秀行)
6-11 ファストタテヤマ(牡7、武幸四郎・安田伊佐夫)
6-12 ハットトリック(牡5、岩田康誠・角居勝彦)
7-13 オースミグラスワン(牡4、四位洋文・安藤正敏)
7-14 ダイワメジャー(牡5、安藤勝己・上原博之)
8-15 アドマイヤムーン(牡3、武豊・松田博資)
8-16 グレイトジャーニー(牡5、蛯名正義・池江泰郎)
8-17 ローゼンクロイツ(牡4、小牧太・橋口弘次郎)

ちょっと、コスモバルクでてるやん!w
って去年も出てたんですがね。とても買える状況じゃなかったんですよね。

今年はシンガポールで国際G1馬になったし、前走も2着に来てるし。
前走目一杯仕上げているだけに、今回は体調が鍵になりそうですが・・・。
その辺は前日井内さんの解説に期待しよう(笑)
もし調教が良さそうなら、行っちゃいますよ。単勝で。
多分、G1を狙える最後のチャンスだろうから。

とそんな思考停止モードに入っても仕方がないので、もうちょっと真面目に考えてみます。
恐らく一番人気はスイープトウショウ。二番人気にダイワメジャー、アドマイヤムーン、ダンスインザムード。
その後に続くのがコスモバルク辺りか。
ダイワメジャーはタイプ的にジェニュインにダブり、ここでは評価を落とす。
スイープトウショウはインパクトからするとエアグルーヴだが、それよりも少し軽い感じ。エアグルーヴの末脚が「ドン」と言うイメージだとしたらスイープトウショウは「バチン」。それがマイナスとなるかどうかは、2日の間に判断したい。
アドマイヤムーンは微妙な立場。
過去10年で3歳馬で天皇賞を勝ったのは2頭。バブルガムフェローとシンボリクリスエス。2着はジェニュインとダンスインザムード。
シンボリクリスエスはパワーで差しきるタイプ。残り3頭は先行して差し切るタイプ。3歳で天皇賞を勝ったバブルガムフェローに見立てることも出来るが、そこまでのインパクトがあるか疑問。2着までと見るのが妥当。ジェニュインクラスの力があると考えても問題はないが、ジェニュインバブルガムフェローがG1馬だったのに対して、アドマイヤムーンはトライアル色満開。札幌記念の結果と今年の3歳馬のレベルをどう判断するかが鍵。
ダンスインザムードは以前2着に来た実績があり、今年もヴィクトリアマイルを勝った。人気にもよるが積極的に買いたい一頭。
コスモバルクは自身にとっては恐らくベストの距離。問題はデキと戦法。比較的手薄なメンバーの今年は2番手で折り合えばひょっとして・・・。と考えることも出来る。また逃げをうってアドマイヤムーン、スイープトウショウに挽回できないくらいの差を・・・・。夢物語か(笑)
注目はアサクサデンエン。長い長いと思っていると短距離馬でも勝ってしまうのが秋の天皇賞。死んだふりをして直線鋭伸はあり得る。
怖かったローエングリンは騎手で消し。
カンパニーは通りたいコースがアサクサデンエンと被りそう。
4歳馬は今年一貫して行っている
「4歳馬軽視キャンペーン」により、軽視。

最後に残念な話。
バランスオブゲームが屈腱不全断裂で引退です。
馬主孝行な馬でした。子どもを残すにはG1のタイトルが欲しいところだが、彼の稼いだ金で薗部さんに彼の子どもを買ってもらおう。
スポンサーサイト

コメント

スタープログラマーはストームキャットの子ですもんね。対してこちらは「父フサイチコンコルド」和製ラムタラは本家ラムタラよりもマシですが、代表産駒がG2鬼軍曹では種牡馬入りは難しそうですね。
いっそ薗部さんが牧場もって、この馬にいい牝馬あてがってくれたら痛快なんですが。リアルダビスタを作者がやるって、最高ですよ。

バラゲーの件今知った・・・残念。
でも馬主孝行のエエ馬やった。
スタープログラマーみたいに種牡馬になれたいいんだけどね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://yote.blog46.fc2.com/tb.php/361-865ebec1

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

やぎ

Author:やぎ
ニックネームは「やぎ」です。
最近は「週刊ひがしおおさか」の中の人として活動しておます。
ラグビーをはじめとする、広報のお仕事もしています。
書くことが仕事になって、ちょっと感慨深いです。
これも毎日ここで書いてきたおかげかな?
仕事にはならないようなことをここでは書き続けようと思います。

趣味はYouTube鑑賞。

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

おすすめ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter

全国スポーツ競技場行脚

ラグビー

大阪

・近鉄花園ラグビー場
2011.01.29 キヤノン 対 ホンダ
2010.05.16 近鉄 対 関西学院大学
2008.01.12 近鉄 対 ワールド

・近鉄花園ラグビー場第二グランド
2009.12.05 摂南大学 対 大阪体育大学

・東大阪多目的グランド(第3グランド)

・長居陸上競技場

・長居第二陸上競技場

・ドコモ南港グラウンド


近畿

・宝が池球技場 (京都)
2012.11.04 天理大学 対 立命館大学

・西京極陸上競技場 (京都)
2015.11.21 サントリー 対 クボタ

・神戸総合運動公園競技場 (兵庫)
2015.06.14 神戸製鋼OB 対 ワールドOB
2013.11.24 近畿大学 対 関西学院大学

・加古川運動公園陸上競技場 (兵庫)

・ホームズスタジアム神戸 (兵庫)

・天理親里球技場 (奈良) 2016.06.05 天理大学 対 帝京大学


関東

・秩父宮ラグビー場 (東京)

・ニッパツ三ツ沢球技場 (神奈川)


中部

・名古屋市瑞穂競技場 (愛知)

・トヨタスタジアム (愛知)

・鈴鹿スポーツガーデン (三重)

・西部緑地公園陸上競技場 (石川)


四国

・徳島市競技場 (徳島)

・ポカリスエットスタジアム (徳島)


九州

・レベルファイブスタジアム (福岡)


野球場

・マツダスタジアム
2010.08.12 広島東洋カープ 対 阪神タイガーズ

・(旧)広島市民球場

・オリーブスタジアム

・鳴門市民球場

・花園セントラルスタジアム


室内

池田市五月山体育館
2009.12.20 大阪エヴェッサ 対 仙台89ERS

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブクログ本棚

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。