駆立犬豚日記

ラグビーとか東大阪とかの人が、だらだらと書くブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松本零士が受けて立つ。らしいよ。

僕はマンガが好きだ。
小学校に上がる前からマンガを沢山読んできたしマンガに沢山の事を教えてもらってきた。
マンガ産業が消えて無くなっては困る。

僕は音楽が嫌いだ。
大人になるまでオーディオ機器に触れたことはなく、音楽とくにポップスはほとんど聴いたことがなかった。
音楽産業が消えて無くなろうが特に困ることはない。

槇原逆ギレ?「裁判か謝罪」…松本零士「受けて立つ」

・・・。
最初、松本零士が「盗作だ」と言いだしたとき何を言ってるんだと思った。
「夢は時間を裏切らない 時間も夢を決して裏切らない」
なんて自然発生的に出てきてもなんら不思議じゃない言葉だろ?
そんなものに「私が作った」もクソもない。
晩節を汚したいのか?
と思っていたのだが、今朝のテレビでこんなやりとりが映っていた。
テレビ局「先生は槇原さんのことをご存じないんですか?」
松本零士「知らない知らない。存在すら知らない。」
テレビ局「じゃ歌を聞かれたことは・・?」
松本零士「ないない。聞いたことなんか無い。この間聞いてみたけれど。」
テレビ局「どうでしたか?」
松本零士「どうもなにも、何言ってんのかわかんないし、メロディラインも・・・」

なるほど。松本零士にしてみれば自分はとても大きな存在なんだな。
大先生なのだな、今でも。
しかし時代は流れている。
銀河鉄道999もキャプテンハーロックも宇宙戦艦ヤマトももう誰も読んではいない。
ハッキリ言って過去の遺物だ。
「彼も知らないはずがない。」とは何とも思い上がった発言だ。
夏目漱石や手塚治虫が言うならまだしも、松本零士ごときが日本語を作ったなどおこがましい。
過去の遺産でどのような活動をされても自由だと思う。
ただ「自分は皆に知られている」事を前提になされる老人の議論は、とても見苦しい。

なんでそんなに余裕がないの?先生。
スポンサーサイト

コメント

>そういうことするから、「また売名行為か!」と思われる、とやぎやんは言いたい、でOK?
OKOK(笑)
立場としてはマンガよりやからね、僕。
売名行為とまでは言わんけど、クレーマーやん。
ね。
自分の主張はわかるけど、それが全部通る訳じゃないのが世の中なんやしな。自分が全面的に正しくても。

>落としどころなんて持っての他、と思ってはるかもなぁ……。
思ってはるんやろなぁ。あと松本零士はアニメのプロデューサーとの間でヤマトの権利を巡って泥沼状態に陥ってるから
http://members.at.infoseek.co.jp/just1bit/yamato/rights/right.html
ボブさんの言うように敏感になってるんかなとも思う。
あと、代理人の件に関しては僕もそう思いながら書いてた。やってることが非常に素人臭い。メディアの取材にいちいち全部自分が対応してるところを見ると、代理人はおらへんねんやろね。

「松本零士」と言えばでかい権利やねんから、間に入る人は絶対にいると思うけどな。
松本零士が言う「槇原本人が謝罪しろ」って言うのは、ちょっと違うと思いますわ。

やぎやんのいう、5番目あたりから、松本零二がおかしくなってくるんやな。なるほど。
そういうことするから、「また売名行為か!」と思われる、とやぎやんは言いたい、でOK?

交渉ごとに長けている人は、「落としどころ」を探る術も知っているんやろけど、クリエイティブな人(別に研究者に限らず)って、「オレはこの作品でオレを体現している」くらいの気持ちがあるやろし、落としどころなんて持っての他、と思ってはるかもなぁ……。
こういう頭カタイ人間ばかりでは物事は進まへんのやけどね。
松本零二も、代理人でも立てたらエエんちゃうかしら…。

存在も知らない男が自分のフレーズを使用している。
と言う指摘をファンから受けて調べてみたら、こういう事だった。だから聞いてみた。そしたら・・・

って事何じゃないですか?

こんちは。
あたしに理解力がない所為で少々疑問が・・・

>テレビ局「先生は槇原さんのことをご存じないんですか?」
>松本零士「知らない知らない。存在すら知らない。」
>テレビ局「じゃ歌を聞かれたことは・・?」
>松本零士「ないない。聞いたことなんか無い。この間聞 >いてみたけれど。」

存在すら知らない人の、ましてや歌を聴いたことも
ないのに盗作ってどうやって言えるんだろう?

例えて言うと顔も、名前も、どんな人かも知らないのに
「あの人嫌い!」
そう言っているような感じ。

「この間聞いてみた」時にあれれ??って
思ったんでしょうか?

すみません、理解力なくて。

>ただ音楽のパクリについては一言。
うむ。これは確かにいいシステム(慣習)であると思います。学術論文は当たり前のようにこの手法を慣習化してますもんね。勉強になりました。
あとオレン○レンジって僕の脳では認識できないのでコメントは差し控えさせてもらいます(笑)

何度も言いますが、創作活動を全くしない僕としては今回のフレーズは「偶然一致することがある」くらいのレベルにしか感じません。ただ著作権法上では「似てしまった」としてもアウトですし、その法自体も法解釈も間違っていないと思います。だから「法令違反」と言われれば「シロ」だとは絶対に言えるものではありません。

僕の記憶では
1.発売直後に松本零士が「盗作ではないか。」と槇原敬之の事務所(もしくはレコード会社)に連絡する。
2.槇原側の事務所は「盗作は行っていない」と主張するも何度目かの電話で「なにかの刷り込みがあったかも知れない」と「相似」を認める。
3.松本零士から槇原敬之本人からの謝罪の要求。
4.レコード会社の担当者から松本零士に対し連絡があり、謝罪と「つきましては松本零士先生と槇原敬之、ケミストリーのコラボレート企画である。と言うことにしませんか?」と提案が出される。松本零士はこれを拒否。
5.松本零士が週刊誌に事のいきさつを暴露。
6.槇原敬之側態度を硬化。
7.槇原敬之本人がHP上で「名誉毀損」と発言。

だったはずです。
かつて営業畑に住み、ただいま個人事業主である僕の勝手な視点ではどうしてこの騒動が
4.の段階で収まらなかったのかが疑問です。
交渉事というのは通常あらかじめ「話の落としどころ」を設定して臨みます。ここまで認めさせることが出来れば満点。でもこの辺りが赤点ギリギリの60点かな。といった感じで。
その満点と赤点ギリギリの状態を行ったり来たり粘り強く回数を重ねて話し合い「落としどころ」を双方で見つけていくのが交渉です。例えどちらかが一方的に悪くても。

松本零時自体、私が読んでない(ヤマトのアニメ見たんやけど記憶にないくらい子供やったのよ)ので、やぎやんの言うように「手塚の盗作」なら、心底「どのツラさげて言うてんのん」と思うところなんやろなぁ。
こればっかりは。世代の差(と、アニメに疎いウチとやぎやんの差)。

ただ音楽のパクリについては一言。
特にアメリカでは人の楽曲のサビやメロディーラインを自分の曲に取り入れることはよくあるけど、それはちゃんとクレジットに「この人のこの曲を使用した」て書いてあるで。
日本のオレンジ○ンジみたいなんは私は「死刑!」て言いたいけどね。パクッてなんぼ、みたいな態度は許せへんわ。

言葉は、確かに似通うこともいっぱいあるかもしれへんけど、今回のフレーズの点だけでいえば、やっぱりマッキーは不利やで。
でも、松本零二がそう言える立場に無いというのは、やぎやんの指摘は正しいかもしれへんな。

ほづやんどうもありがとう(笑)
僕も気合い入れていきます。
>マキハラのフレーズはパクリと言われても(それが完全にオリジナルであっても)仕方ないほど似ている。
これ、、、やっぱり論文とか書く立場だとそう感じますか。
確かに独創性の欠片もありませんが、これって言葉ですよね。言葉とかフレーズでこのレベルの相似を「パクリだ!」って主張してたらキリがないんじゃないですかね。音楽なんて特に芸術性・独創性より工業製品としての側面がより重要な訳ですし。それが本当にパクリであってもなくてもその辺りを「なぁなぁ」にすることによって成り立っているんじゃないかとおもうんですよ。でないとこんなに多くの楽曲なんか生まれるわけ無いんですから。膨大な蓄積からかけ離れたものを作らなければならないのがクリエイターだとは思います。ただその過去の膨大な蓄積に相似しているからと言ってその度に誰の所有物だと主張しあっているんでは、それこそ創作を商売になんてできませんよ。相似してしまったことは槇原敬之にとって大きな汚点でしょう。ファンや世間が「盗作!」と騒いでも仕方がないレベルだと思います。真偽は置いておいて。がそれを「盗作だ!」と本人から指摘されて「謝罪しろ!」と言われて「本人じゃなきゃダメだ!」ってなったんでは、ただのクレーマーです。

さらに松本零士に限定して言えばこのフレーズを「盗作」と決めつけるんなら、あなたのマンガは手塚治虫の模倣の集大成じゃないかと。銀河鉄道はどうなのかと。宇宙戦艦はどうなのかと。
「俺は先人を尊敬し、相手からも何も言われていない」では通用しないんじゃないですかね?

あえて反論

下記の意見もわかるけど、何かを新しく造りだす作業に、「模倣だ!」と人から後ろ指を指されかねないような曖昧さがあってはイカンと思うよ。
客観的に見て、マキハラのフレーズはパクリと言われても(それが完全にオリジナルであっても)仕方ないほど似ている。

クリエイティブな仕事だからこそ、過去の蓄積とは駆け離れてないとアカン。これは、論文も、アニメも、歌も、どんなジャンルにも言えるやろと思う。
剽窃は、許されない行為。(客観的に見て、ね)
そやないと、韓国とか中国が日本のアニメをパクッてることに文句言えへんのじゃないかな。

>はるか&そらさん
>自分の言葉がそんなに大事だと言うなら、他人の言葉に
>敬意を払ってからにして欲しいなぁ、と思いました。
そうですよね。
この一件は「盗作であるかないか」と言うより「自分の言葉とは何か」と言う話になってしまいます。
「謝るのはどっちなのかわかっていない。」
ってなにそれ。まず盗作ありきじゃんw
って気はします。

>akiさん
そうですよね。
結局週刊誌がホイホイ取り上げておもしろおかしく書き立てるから話がややこしくなるんであって。
僕もマスコミ嫌いです。
と言いながら、こういった記事を上げること自体がマスコミに踊らされているのかもしれませんね。
反省。

>ボブさん
正直松本零士ごときが何を吠えているんだ。
と言った感じですよね。
僕もハーロック読んだけど、「昔こういった名作があった」と言うことは理解できましたが、インパクトは感じられませんでした。
そのレベルなんですよ。

例の言葉、何を言いたいのかよくわからない言葉なので、
松本氏が大事にしている意味がよくわかりませんでした。
ちなみにわたしはこのニュースを聞くまで知りませんでしたし。
槇原氏もきっとわたしのように、知らない言葉だったのだと思います。

自分の言葉がそんなに大事だと言うなら、他人の言葉に
敬意を払ってからにして欲しいなぁ、と思いました。

ヤマトの件で負けてるから権利意識が過剰になってるかもね。
悪いけど999もハーロックも観てたけどあんまよく覚えてないw

じいさんもアレでアレでアレだけど
「逆切れ」と言うマスコミが大嫌いだ
ほんと嫌い

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://yote.blog46.fc2.com/tb.php/388-34783bac

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

やぎ

Author:やぎ
ニックネームは「やぎ」です。
最近は「週刊ひがしおおさか」の中の人として活動しておます。
ラグビーをはじめとする、広報のお仕事もしています。
書くことが仕事になって、ちょっと感慨深いです。
これも毎日ここで書いてきたおかげかな?
仕事にはならないようなことをここでは書き続けようと思います。

趣味はYouTube鑑賞。

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

おすすめ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter

全国スポーツ競技場行脚

ラグビー

大阪

・近鉄花園ラグビー場
2011.01.29 キヤノン 対 ホンダ
2010.05.16 近鉄 対 関西学院大学
2008.01.12 近鉄 対 ワールド

・近鉄花園ラグビー場第二グランド
2009.12.05 摂南大学 対 大阪体育大学

・東大阪多目的グランド(第3グランド)

・長居陸上競技場

・長居第二陸上競技場

・ドコモ南港グラウンド


近畿

・宝が池球技場 (京都)
2012.11.04 天理大学 対 立命館大学

・西京極陸上競技場 (京都)
2015.11.21 サントリー 対 クボタ

・神戸総合運動公園競技場 (兵庫)
2015.06.14 神戸製鋼OB 対 ワールドOB
2013.11.24 近畿大学 対 関西学院大学

・加古川運動公園陸上競技場 (兵庫)

・ホームズスタジアム神戸 (兵庫)

・天理親里球技場 (奈良) 2016.06.05 天理大学 対 帝京大学


関東

・秩父宮ラグビー場 (東京)

・ニッパツ三ツ沢球技場 (神奈川)


中部

・名古屋市瑞穂競技場 (愛知)

・トヨタスタジアム (愛知)

・鈴鹿スポーツガーデン (三重)

・西部緑地公園陸上競技場 (石川)


四国

・徳島市競技場 (徳島)

・ポカリスエットスタジアム (徳島)


九州

・レベルファイブスタジアム (福岡)


野球場

・マツダスタジアム
2010.08.12 広島東洋カープ 対 阪神タイガーズ

・(旧)広島市民球場

・オリーブスタジアム

・鳴門市民球場

・花園セントラルスタジアム


室内

池田市五月山体育館
2009.12.20 大阪エヴェッサ 対 仙台89ERS

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブクログ本棚

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。