駆立犬豚日記

ラグビーとか東大阪とかの人が、だらだらと書くブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

競馬は繋がっている。桜花賞も繋がっている。

1-1 ショウナンタレント(牝3、柴田善臣・二ノ宮敬宇)
1-2 アポロティアラ(牝3、勝浦正樹・柴崎勇)
2-3 カタマチボタン(牝3、藤田伸二・加藤征弘)
2-4 クーヴェルチュール(牝3、鮫島良太・国枝栄)
3-5 レインダンス(牝3、武幸四郎・宮徹)
3-6 ローブデコルテ(牝3、福永祐一・松元茂樹)
4-7 イクスキューズ(牝3、北村宏司・藤沢和雄)
4-8 ピンクカメオ(牝3、蛯名正義・国枝栄)
5-9 アマノチェリーラン(牝3、池添謙一・湯窪幸雄)
5-10 ハギノルチェーレ(牝3、岩田康誠・松永幹夫)
6-11 ニシノチャーミー(牝3、藤岡佑介・浅見秀一)
6-12 カノヤザクラ(牝3、上村洋行・橋口弘次郎)
7-13 フローラルカーヴ(牝3、柴山雄一・堀宣行)
7-14 ウオッカ(牝3、四位洋文・角居勝彦)
7-15 アストンマーチャン(牝3、武豊・石坂正)
8-16 ベリーベリナイス(牝3、秋山真一郎・増本豊)
8-17 エミーズスマイル(牝3、内田博幸・出川龍一)
8-18 ダイワスカーレット(牝3、安藤勝己・松田国英)

いよいよ桜花賞の枠順が発表された。
注目はウオッカ。ここ3戦は相手に力の差を見せつける圧勝だった。
それに対するは、ダイワスカーレット。前走ウオッカの出方をまって敢えて並んでたたき合いに持ち込んだ。さて、本番はどう出るのか。
その二頭に快足馬アストンマーチャンが食い込めるのか。同コースで行われた阪神JFにてウオッカにゴール前キッチリ差されている。逆転不可能な逃げを見せることが出来るのか。
正直この3頭で決まるんじゃないかと。
だからこの三頭のボックスで勝負。

久々の、馬連三点ボックス。
後は金額だよ。

桜花賞でもっとも記憶に残っているのはファレノプシスが勝った1998年第58回の桜花賞だ。
一番人気はタマモクロス産駒ダンツシリウス。二番人気にメジロマックイーンの初年度産駒エイダイクイン。
1998年だからもちろんサンデーサイレンス産駒はデビューしていた。
トニービンもブライアンズタイムも所謂種牡馬三強は元気に仕事をしていた時期なのだが、この年は不思議と種牡馬三強に元気がなかった。
こんな年は内国産種牡馬の子どもにとって大きなチャンスなのだ

ところがダンツシリウスは11着、エイダイクインが5着。
勝ったのは三番人気、種牡馬三強の一角ブライアンズタイム産駒ファレノプシス。

結局ダンツシリウスはレース中に骨折しておりそのまま引退。エイダイクインもレース中に骨折していたが、一年の休養を挟んで復帰。しかしついに重賞を勝つまでには至らなかった。

タマモクロスもメジロマックイーンも若いうちに活躍した馬ではなかった。
そんな馬がクラシックに出走させることができたのだ。しかもメジロマックイーンは初年度産駒だ。これからが楽しみだ。
などと思っていたのだが・・・。

その後その二頭からダンツシリウスとエイダイクインを超える子どもは出て来ていない。
種牡馬の世界は最初の2,3年が重要なのだ。その2,3年の間に数頭重賞を勝たせなければ、その後はチャンスがない。恐ろしい世界なのだ。

そしてこの第58回桜花賞に出走した馬は18頭。
桜花賞より後に重賞を勝てたのは、桜花賞を勝ったファレノプシスのみ。
しかし、子どもがG1を勝っているのは
2着ロンドンブリッジの子ダイワエルシエーロと3着エアデジャヴーの子エアメサイヤ。
両馬とも牝馬で、牡馬のG1馬はまだ出ていない。

そう。競馬は繋がっているのだ。
スポンサーサイト

コメント

えーーーーー!!!!!!

やぎさん!大ニュースです!!!!!
ドリームパスポートが骨折しましたorz

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://yote.blog46.fc2.com/tb.php/616-ae682d85

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

やぎ

Author:やぎ
ニックネームは「やぎ」です。
最近は「週刊ひがしおおさか」の中の人として活動しておます。
ラグビーをはじめとする、広報のお仕事もしています。
書くことが仕事になって、ちょっと感慨深いです。
これも毎日ここで書いてきたおかげかな?
仕事にはならないようなことをここでは書き続けようと思います。

趣味はYouTube鑑賞。

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

おすすめ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter

全国スポーツ競技場行脚

ラグビー

大阪

・近鉄花園ラグビー場
2011.01.29 キヤノン 対 ホンダ
2010.05.16 近鉄 対 関西学院大学
2008.01.12 近鉄 対 ワールド

・近鉄花園ラグビー場第二グランド
2009.12.05 摂南大学 対 大阪体育大学

・東大阪多目的グランド(第3グランド)

・長居陸上競技場

・長居第二陸上競技場

・ドコモ南港グラウンド


近畿

・宝が池球技場 (京都)
2012.11.04 天理大学 対 立命館大学

・西京極陸上競技場 (京都)
2015.11.21 サントリー 対 クボタ

・神戸総合運動公園競技場 (兵庫)
2015.06.14 神戸製鋼OB 対 ワールドOB
2013.11.24 近畿大学 対 関西学院大学

・加古川運動公園陸上競技場 (兵庫)

・ホームズスタジアム神戸 (兵庫)

・天理親里球技場 (奈良) 2016.06.05 天理大学 対 帝京大学


関東

・秩父宮ラグビー場 (東京)

・ニッパツ三ツ沢球技場 (神奈川)


中部

・名古屋市瑞穂競技場 (愛知)

・トヨタスタジアム (愛知)

・鈴鹿スポーツガーデン (三重)

・西部緑地公園陸上競技場 (石川)


四国

・徳島市競技場 (徳島)

・ポカリスエットスタジアム (徳島)


九州

・レベルファイブスタジアム (福岡)


野球場

・マツダスタジアム
2010.08.12 広島東洋カープ 対 阪神タイガーズ

・(旧)広島市民球場

・オリーブスタジアム

・鳴門市民球場

・花園セントラルスタジアム


室内

池田市五月山体育館
2009.12.20 大阪エヴェッサ 対 仙台89ERS

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブクログ本棚

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。