駆立犬豚日記

ラグビーとか東大阪とかの人が、だらだらと書くブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

非競馬ファンに向けたダービーの手引き

去年はディープインパクトがいたためイベントとしては盛り上がりましたが今年のダービーはとにかく混戦!競馬の楽しさは、こういう混戦にあり!

 ダービーを夏の甲子園だとした場合、センバツにあたる皐月賞を勝ったのは伏兵メイショウサムソン。
 この馬が兎に角地味で血統が地味(サンデーサイレンスが入っていない。兄弟に活躍馬がいない)、戦法が地味(先手を奪って押しきったり直線でごぼう抜きとかではなく、先行して直線で早目抜け出し。いわゆる玄人好み。)、戦績が地味(皐月賞以外は堅実だが王道を通ってきてはいない。)と地味尽くし。
でも何が地味って言って騎手が地味。
メイショウサムソンにデビュー前から一つ一つ競馬を教えながら乗ってきた石橋守。昨今武豊かなどのトップジョッキーや名門厩舎では、育成する専門のスタッフが普段は跨り、レースは名手が手綱を取るというスタイルが一般的ですが、まさにそれに逆行するコンビです。
 先日の皐月賞で重G1初制覇の38歳独身。非常に腰が低く、それでいて不器用な性格は先輩後輩両方から好かれ、皐月賞の日インタビューが流れていた阪神競馬場(皐月賞は中山競馬場)の検量室(騎手がレース後一時待機する場所)では若手ベテラン騎手から石橋コールが起こったほど。どうですか?応援したくなるでしょ?石橋守。

 その皐月賞で3着だったフサイチジャンクがおそらく二番人気でしょう。
こちらはメイショウサムソンとは違ってとにかく派手。
オーナーがセリで3億3000万円で落札。調教師(馬を育てる人)を全世界から公募し、フジテレビのジャンクスポーツで「番組の名前をつけよう!」と言ってほんとに「フサイチジャンク」と命名してしまう。
デビュー前からドンドン注目を集め、デビューから4戦を武豊が乗って全勝。初の敗戦となった皐月賞でも最後の直線では一番の鋭さを放っていました。騎手は公営出身の岩田騎手です。
この人はなんせ競り合いに強い。最後の直線叩き合いになったら、負けないでしょう。

 じゃ、今年の武豊はどの馬に乗るのか?
三番人気アドマイヤムーンが今年の武豊のパートナーです。この馬の持ち味は並んだら絶対に抜かせない根性。並びかけられれば重心をグッと下げてもう一伸びします。
皐月賞では並びかけることは無く末脚不発で終わってしまいましたが今回は広い東京コースで、前々で競馬するでしょう。
先行馬を襲い掛かる姿が目に浮かびますね。

 武豊は毎年何頭もの有力馬から自分が思う「この一頭」を選んでダービーに臨みます。
さすがはトップジョッキー。
今回見捨てられた形になったのは2頭。3歳短距離王決定戦NHKマイルCを勝ったロジック。
騎手界一の男前・幸騎手に乗り変わっての挑戦です。果たして2400m持つのか。
そこが最大のポイントです。
もう1頭は裏街道をひた走って来たアドマイヤメイン。
こちらも距離に不安がありますが、関東のリーディングジョッキー柴田善臣大先生に代わっての挑戦。
この馬は逃げて勝って来ていますが、善臣大先生は逃がさないので有名な騎手。さてどうでるか・・・。

昨年絶好調でしたが今年に入って今ひとつな福永祐一が乗るマルカシェンクも注目したい1頭です。
故障があって長期休養を余儀なくされていましたが、2歳時には相当な大物と噂されていた馬。休養明け2戦目で、あの切れ味を再び見せることができるか?!

そして福永にふられる形になりアメリカのボスが乗ることになったのが2歳王者フサイチリシャール。
母も父も2400mでは全く合わない馬でした。
特に父クロフネは短い距離とダート(砂地のレース。ダービーなどの主要レースは芝。)では無類の強さを示していたのにダービーはからっきしでした。
自身もどうやら短距離馬。
さらに前走のHNKマイルCでは万全と思われていたのにまさかの6着。
疲れが出ているとすればやばいかも。

 他には皐月賞2着のドリームパスポートは少年時代乗馬で天才と呼ばれ騎手になった四位が乗って挑みます。
父フジキセキは三冠(ディープインパクトは三冠達成。しかも無敗で。)確実と言われながら故障により三冠レースに出走すら出来ませんでしたが、父の無念を晴らせるか。
2歳時の末脚、闘争心がここ2戦すっかり潜めてしまった皐月賞6着サクラメガワンダーも使い込まれて本領を発揮する血統ですから侮れませんし、兄にどんな条件のG1でも勝ちまくったアグネスデジタルを持つジャリスコライトも明らかにダービーに標準をあわせた体制。

 さぁ、あと4時間すればダービーも発送です。
今年のダービー馬はどの馬になるのか。
競馬関係者最大の目標であるレースが今年も始まります!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://yote.blog46.fc2.com/tb.php/76-b290925b

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

やぎ

Author:やぎ
ニックネームは「やぎ」です。
最近は「週刊ひがしおおさか」の中の人として活動しておます。
ラグビーをはじめとする、広報のお仕事もしています。
書くことが仕事になって、ちょっと感慨深いです。
これも毎日ここで書いてきたおかげかな?
仕事にはならないようなことをここでは書き続けようと思います。

趣味はYouTube鑑賞。

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

おすすめ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter

全国スポーツ競技場行脚

ラグビー

大阪

・近鉄花園ラグビー場
2011.01.29 キヤノン 対 ホンダ
2010.05.16 近鉄 対 関西学院大学
2008.01.12 近鉄 対 ワールド

・近鉄花園ラグビー場第二グランド
2009.12.05 摂南大学 対 大阪体育大学

・東大阪多目的グランド(第3グランド)

・長居陸上競技場

・長居第二陸上競技場

・ドコモ南港グラウンド


近畿

・宝が池球技場 (京都)
2012.11.04 天理大学 対 立命館大学

・西京極陸上競技場 (京都)
2015.11.21 サントリー 対 クボタ

・神戸総合運動公園競技場 (兵庫)
2015.06.14 神戸製鋼OB 対 ワールドOB
2013.11.24 近畿大学 対 関西学院大学

・加古川運動公園陸上競技場 (兵庫)

・ホームズスタジアム神戸 (兵庫)

・天理親里球技場 (奈良) 2016.06.05 天理大学 対 帝京大学


関東

・秩父宮ラグビー場 (東京)

・ニッパツ三ツ沢球技場 (神奈川)


中部

・名古屋市瑞穂競技場 (愛知)

・トヨタスタジアム (愛知)

・鈴鹿スポーツガーデン (三重)

・西部緑地公園陸上競技場 (石川)


四国

・徳島市競技場 (徳島)

・ポカリスエットスタジアム (徳島)


九州

・レベルファイブスタジアム (福岡)


野球場

・マツダスタジアム
2010.08.12 広島東洋カープ 対 阪神タイガーズ

・(旧)広島市民球場

・オリーブスタジアム

・鳴門市民球場

・花園セントラルスタジアム


室内

池田市五月山体育館
2009.12.20 大阪エヴェッサ 対 仙台89ERS

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブクログ本棚

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。