駆立犬豚日記

ラグビーとか東大阪とかの人が、だらだらと書くブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タヤスツヨシが教えてくれたもの

20060528-00000041-spnavi-spo-view-000.jpg

ダービーはメイショウサムソンと石橋守が優勝!

メイショウサムソンがダービー制覇。二冠馬ですよ。どひぇ~。

<記事抜粋>
 エリート街道を歩んだ昨年の3冠馬ディープインパクトと異なり、瀬戸口調教師はサムソンを「雑草」と評する。猛暑の小倉競馬場でのデビュー戦は期待の良血馬では通常ありえず、多くの有力騎手に騎乗を断られた末、石橋に指名が巡ってきた経緯がある。
<抜粋終わり>

今年の牡馬が史上まれに見る混戦であったことも影響しているでしょうね。有力騎手が同じような力量の馬を複数「お手馬」として持っていて、
去年みたいに有力馬が限られている状況だったら、重賞で惜敗を続けている石橋が皐月賞まで乗り続けることは難しかったかもしれません。
しかし驚くべきはサンデーサイレンス。4年前に死去し、今年の3歳馬はいつもの半数。しかも今年はサンデーの厄年で有力馬が次から次へと骨折していく状況の中で、
2着のアドマイヤメイン、4着のマルカシェンクと2頭掲示板に載せたばかりか、
2~11着はどこかにサンデーサイレンスの血が入っているという徹底振り。
とか思いながら先の記事を読んでたらですね。記事中でも文末でサンデーサイレンスについて書いてあったんですが・・・。

<記事抜粋>
 ○…日本競馬界を席巻したサンデーサイレンス産駒だが、同馬は02年8月に死亡し、今年の3歳馬が最終世代となる。初年度の95年から、いきなりタヤスツヨシが日本ダービーを制したのを皮切りに、スペシャルウィーク、ディープインパクトなど6頭のダービー馬を輩出した。今回もマルカシェンク、アドマイヤメイン、フサイチジャンク、エイシンテンリューの4頭が出走したが、アドマイヤメインの2着が最高だった。一方、タヤスツヨシら種牡馬として活動している息子たちも多く、今回のダービーには4頭の孫(父の父がサンデーサイレンスの場合のみ)が出走した。
<抜粋終わり>

・・・
競馬ファンは皆同じところで突っ込んだはず。
タヤスツヨシら種牡馬として活動している息子たちも多く
・・・・
タヤスツヨシは種牡馬として「活躍」してねぇよ(笑)
何を持って活躍というかは、人それぞれです。
おそらく直前の「初年度ダービー馬」って流れから出てるんだろうけど、せめてスペシャルウィークでお願いしますよ(笑)
でもまぁ昔「ナイストップボーイ」で美味しい目させてもらってるから、文句はこれくらいで・・・。

タヤスツヨシの思い出。
この世代はナリタキングオーとサンデーブランチをPOGで持ってたんですよ。
あ、この2頭の名前見て笑った人は後で職員室に来てください(笑)。
今思うと「父ワイルドアゲインと母系が晩成血統のサンデー持って勝つ気あんのか?」ってチョイスだけど(笑)
でもナリタキングオーなんて大当たりですよね。皐月賞幻の一番人気ですよ。
その年はグループにフジキセキを持ってるやつがいて、結局は2位だったんだけどね。
そのナリタキングオーのライバルだったのがタヤスツヨシです。
ラジオたんぱとか共同通信杯では死闘を演じましたよ。
ところがナリタキングオーは皐月賞を故障で取り消し。前日発売の時点では一番人気だったんですよね。
そこから歯車が狂っちゃったんですよね。
一方タヤスツヨシはダービーを制し秋へ。
秋初戦。行ってましたよ阪神へ。しこたま買ってましたよタヤスツヨシ軸の馬連。

結局タヤスツヨシもダービーを制したあと燃え尽きたかのように走らなくなりました。
「競走馬は動物。人間のように状況を理解して競技をしているんではないから、突然やる気をなくす事だってある。」
と僕に教えてくれた貴重なお馬さんです。
そして種馬になってからは、ダートの2流馬ばかり出して
「父の良さが素直に伝わらないのが競馬。」
と教えてくれたのもこの馬です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://yote.blog46.fc2.com/tb.php/78-e4251db4

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

やぎ

Author:やぎ
ニックネームは「やぎ」です。
最近は「週刊ひがしおおさか」の中の人として活動しておます。
ラグビーをはじめとする、広報のお仕事もしています。
書くことが仕事になって、ちょっと感慨深いです。
これも毎日ここで書いてきたおかげかな?
仕事にはならないようなことをここでは書き続けようと思います。

趣味はYouTube鑑賞。

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

おすすめ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter

全国スポーツ競技場行脚

ラグビー

大阪

・近鉄花園ラグビー場
2011.01.29 キヤノン 対 ホンダ
2010.05.16 近鉄 対 関西学院大学
2008.01.12 近鉄 対 ワールド

・近鉄花園ラグビー場第二グランド
2009.12.05 摂南大学 対 大阪体育大学

・東大阪多目的グランド(第3グランド)

・長居陸上競技場

・長居第二陸上競技場

・ドコモ南港グラウンド


近畿

・宝が池球技場 (京都)
2012.11.04 天理大学 対 立命館大学

・西京極陸上競技場 (京都)
2015.11.21 サントリー 対 クボタ

・神戸総合運動公園競技場 (兵庫)
2015.06.14 神戸製鋼OB 対 ワールドOB
2013.11.24 近畿大学 対 関西学院大学

・加古川運動公園陸上競技場 (兵庫)

・ホームズスタジアム神戸 (兵庫)

・天理親里球技場 (奈良) 2016.06.05 天理大学 対 帝京大学


関東

・秩父宮ラグビー場 (東京)

・ニッパツ三ツ沢球技場 (神奈川)


中部

・名古屋市瑞穂競技場 (愛知)

・トヨタスタジアム (愛知)

・鈴鹿スポーツガーデン (三重)

・西部緑地公園陸上競技場 (石川)


四国

・徳島市競技場 (徳島)

・ポカリスエットスタジアム (徳島)


九州

・レベルファイブスタジアム (福岡)


野球場

・マツダスタジアム
2010.08.12 広島東洋カープ 対 阪神タイガーズ

・(旧)広島市民球場

・オリーブスタジアム

・鳴門市民球場

・花園セントラルスタジアム


室内

池田市五月山体育館
2009.12.20 大阪エヴェッサ 対 仙台89ERS

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブクログ本棚

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。