駆立犬豚日記

ラグビーとか東大阪とかの人が、だらだらと書くブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月26日の日記 会心の予想

いきなりだが、「長野」と書いてなんと読まれるだろうか。
一般的には「ナガノ」だと思うのだが、現在関西学院大学ラグビー部2年に
「長野」と書いて「チョウノ」と読むウイングの選手がいる。
7人制ラグビーの日本代表で、そのスピードは大学生の中ではちょっと比べる者がいないくらい突出している。
今までこの長野はあまり注目されずにラグビーをしてきた。高校大学と所謂ラグビー強豪校でプレーしてきていないためだ。
今も長野直樹でググってみると、ラグビー関連のサイトに混じって、中学時代にやっていた陸上短距離関連のサイトが候補に挙がってくる。なんせ長野は中2の時に100mを11秒台で走っていたのだ。
そして、今年彼が所属する関西学院大学の調子がいい。
開幕戦、同志社大を19-15で破ると、京都産業大を66-0で破り、まさに破竹の快進撃なのだ。

と言うことで、大阪体育大学対関西学院大学の一戦を花園ラグビー場まで観に行ってきた。
当日は「東大阪市健康まつり」が花園中央公園で開催されており、雨の中結構な人。
知り合いに挨拶すべきかとも思ったのだが、時間がギリギリだったのでラグビーを優先した。
すんません。

今回は花園ラグビー場第二グランドである。
以前とある市会議員さんが
「大学ラグビーの開幕戦が第二なんて信じられない。もっと市はラグビーを盛り上げて、ラグビーと共に市を運営すべきだ」
と自身の日記で書いておられたのだが、、、、
来年日本ではラグビーのジュニアワールドカップが行われ、正式発表はされていないものの花園も会場の1つとなるはずである。
ジュニアワールドカップは、世界中から観客が集まる。加えてテレビカメラも入り、日本では放映されないであろうが、世界中に中継されるのだ。
そんな状況なのに、例年通りハゲチョロピンの花園の芝を披露するわけにはいかないのである。
その為今年は特別花園の開催を減らしている。
これは近鉄にとってもラグビー協会にとってもかなりの痛手なのだが、ラグビー界の未来のために行っているのである。その辺、わかってやって欲しい。
ただ、東大阪市が「ラグビーのまち」と言いつつ、金を出す以外何もしていないという意見には賛成であるが。

閑話休題、関学vs大体大である。
前半は5-7。関学が長野のトライで先制するも、攻め込んだ際のロングパスを大体大にインターセプトされ、そのまま50m独走のトライを許してしまう。
後半に入っても一進一退の攻防だったが、後半30分くらいに長野がハーフウェイラインからの独走トライ。
しかも余った状態でパスを受けてからの独走ではなく、相手のフルバックをステップを使わずにスピードだけで振り切ってしまう、とんでもないプレーをやってのけた。
まるで高校の授業だ。
もちろんもっとレベルの高い相手ならしっかりディフェンスされるだろうが、長野を止めるだけで一苦労だ。

最終的に33-17で関学勝利。
応援に来ていた保護者会の方々及びOBの皆さん大喜びである。
比率的には
保護者:部員:関係者:OB:一般=4:3:2:1
であった。
学生スポーツはそんなもんだが、しかし大学生である。
保護者の数が正直ウザイくらい多かった。
子どもが出来ても絶対に部活の応援には行かないし、嫁にも行かせない。
絶対に。

第二試合は同志社対近大なのだが、正直あまり興味がないのでちょろっと見て帰宅。
授業の準備もあるし、何しろ菊花賞なのだ。

菊花賞は久々に自信があったので、証拠を残す為に友人にチョイスした2頭をメールしてしまう。
結構嫌な奴だな(笑)
結果僕のチョイスした2頭で決着。
単勝は1000ネカしか買っていなかったが、締め切り直前に普段買わない馬連を500ネカ購入していた。
早い話が、儲かったのである。
こう言うときに
「何を買おう」とか「何を食おう」
ではなく
「次の競馬資金に回そう」
と思ってしまう僕は人間のクズなのである。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前哨戦の上位着順メンバーがこぞって参加しないG1レースでしかもオッズが割れているときは、本命筋が美味しい。特に今回のような単勝100倍台の馬がいない時は絶対に。
全体
購入:30000ネカ
回収:26900ネカ
回収率:89.6%

中央
購入:24000ネカ
回収:17300ネカ
回収率:72.0%

地方
購入:6000ネカ
回収:9600ネカ
回収率:160%

馬連の回収額は反映させないことにしました。

以下覚え書き。
・上位人気馬を評価すると、オウケンブルースリをのぞく単勝一桁二頭は、レベルが低いと言われたこの世代の代表格で、しかも秋になっても同じ立ち位置。さらに三番人気は武人気のみのスマートギア。
オウケンブルースリが一番おいしい。

・中心になる馬がいないときは、スタミナ血統の馬が穴を空ける。
今回、穴人気になっている馬の中にも父及び母父に短距離種牡馬(ミスプロ系、タイキシャトル、クロフネ)を持っている馬が多数いた。突出した馬がいない年(≒レベルが低い年)は長距離適正がものを言う。
父スペシャルウィーク、母父リアルシャダイという思いっきり長距離(てか京都の3000以上)を得意としそうな血統のフローテーションを穴候補。

・菊花賞は直線でスピードを上げられる馬の方がいい
オウケンブルースリとフローテーションを更に信頼

・1番の馬を挟む2番と18番の馬の父が、共に50音の一番目「ア」で始まるアグネスタキオン産駒
フローテーション来ちゃう?!

頭まであればなぁ(笑)

10月24日の日記 花園ラグビー場の前に

今日は当初、例の新しい話をするためにお客さんにうかがう予定だったのだが、先方の予定で30日に延期になった。 取り敢えず、WordPressでブログを構築し、デザインをご希望のものに近づける方向で提案しようと思っています。

ポッカリと時間が空いてしまったので、朝から図書館に行った。
図書館が大嫌いな僕がいったい何をしに来たかというと、
「花園競馬場」に関する資料がないかと、調べるためだ。
結論だけ、ハッキリした資料は何もなかったが、先につながりそうなものは手に入った。といったところ。

帰ってたらネットで再度調べて、花園競馬場について調べ直してみると、以下のことがわかった。
・実際の競馬を行ったのは1926年2月から数回程度らしい
・徳島県板野郡畜産組合が競馬の開催を行っていたらしい
・ラグビー場の完成は1929年
・八尾にも同時期に競馬場があった。現在のアリオ八尾付近
日本の競馬が発展した背景として、日露戦争があったという話は有名である。
西洋の軍馬に比べ日本の軍馬は運動能力的にも精神的にも相当劣っていたそうです。
その事実に危機感を覚えた陸軍が主導で、優秀な種馬を選定する目的で競馬が開始されたんだとか。
そんな国の方針を受けて、大正から昭和初期に全国各地で沢山の競馬場が作られます。
当時競馬は流行の乗ったプロジェクトだったようです。その一つが、花園競馬場ではないかと、推測されます。
さて、これからどうなる事やら。

夕食は例の問題児とうどん巡礼。
豊崎にある
情熱うどん 讃州
これまで食べた中でいちばんメニューが豊富。
僕は晩ご飯なのでガッツリと、ちくわ天ぶっかけに玉子トッピング&いくら丼セット。
問題児さんは、カレーうどん。

変速日程

 金が無いんよ。いや、今日明日生活する金は多分あるねん。
でも、将来のための金は無いねんな。そりゃ、いったん畳んだ仕事を再開して、信用がある訳あれへんもんな。

 なんちゅーか、僕って自分の人生が無茶苦茶なんを自分で楽しんでてんけど、さすがに最近疲れてきてな。若ないってことかなぁ。でも35なんてまだまだ若造やんか、会社やったら。
 こないだ、自分のブログを読み返してたら「そう言えば、馬券でaibo買うって張り切ってた時期もあったなぁ。」って気がついて、何もかもに後ろ向きな今の自分が嫌になった。そしたらブログなんか書けんようになったんよな。ホンマは星野JAPANさんに色々言いたいことあったんやで(笑)

 それからすぐに、ネットを介して「地域活動に参加してみませんか?」ってメールが来てん。
僕、ずっとボランティアとか、地域貢献とか大嫌いやってんけど、折角誘ってくれたし、、、って行ったんよ。もちろん今まで通り、地域活動って嫌いやったわ。おもんないし、面倒やし、仲良しクラブやし。イライラもした。
 でもイライラする相手が競馬好きやってわかったら、やっぱり何もかも許せる気がしてんな。

 やっぱり競馬するんよ。前に比べたらものすごい勝てんようになってるけど、やっぱりする。周りに「それをやめるとこから始めたら?」って言われるねんけど、やめたら競馬は二度とできん気がするねん。今までの蓄積が一気になくなるんやろ。それはまずいわ。
 今週から秋競馬やし、G1が沢山始まるし、兎に角電車に乗って競馬場に行きたい。写真を撮って、予想して、1レース200円だけ賭けて、そんでブログに色々書きたい。書きたくなってきた。

 書かんようになったり、放置したりするとは思うんやけど、またみんな付き合ったって。今週は変速開催。土曜は阪神やってない。
 いっそ日曜はラグビーに行って、月曜に阪神競馬場に行こう。
変速日程万歳!競馬大好き!

競馬観戦日程

7月1日から今季も青春18きっぷが発売されます。
利用期間は7月20日から9月10日まで。
平日も休みな無職男ですから、それを有効活用しない手はない。
ということで勝手に平日の予定を立てていまいます。
家庭教師or塾講師の仕事が決まったら変更すればいいので。
で、今季は今まで通りの
「何となく出かける、18きっぷを使用することが目的の旅」
とは別に
「競馬場行きまくりの旅」
も企画してみようかと思っています。
近いところは車で行っちゃおうと思う(18きっぷがムダになる)ので、それも合わせて書いていきます。


・姫路競馬場
予定:7月9日or16日
交通手段:自動車

・園田競馬場
予定:7月30日
交通手段:自動車

・金沢競馬場
予定:7月20日or27日
交通手段:18きっぷ

・名古屋競馬場
8月6日or20日
交通手段:18きっぷ

・笠松競馬場
7月23日or8月27日
交通手段:18きっぷ

中央は順次追加します。

フジキセキ

先週の週末ドバイワールドカップを観ていました。。
日本馬は残念ながらデューティーフリー(芝1777m)でウオッカが4着になったのが最高だったんだけど、
シーマクラシック(芝2400)で勝った南アフリカのサンクラシークは何と何とフジキセキ産駒。
確実に日本競馬は世界で存在感を増してきています。

フジキセキは秋に毎年オーストラリアへ種付けに行っています。
サンクラシークはオーストラリア産の4歳牝馬。フジキセキ産駒の当たり年と言われたコイウタ、ドリームパスポートらを種付けした年の秋にオーストラリアで種付けされた中からサンクラシークが現れた格好です。
サンクラシークは次走香港のクイーンエリザベスIICに向かうようです。マツリダゴッホも出走するレースですから、中継もされるでしょう。
フジキセキマニアとして今から楽しみです。

さらにドバイワールドカップの翌日、今度は日本のG1高松宮記念で同じくフジキセキ産駒のファイングレインが勝利しました。
おまけに2着もフジキセキ産駒キンシャサノキセキが入り、2日間丸々フジキセキデーの様相。
このファイングレインもドリームパスポートやコイウタ、サンクラシークなどの黄金世代。
やっぱり種牡馬にも調子のいい年悪い年があるんですね。

と言うことで、お父さんの体調と生まれてくる子供の能力についての因果関係を
人間についても馬についても研究が進んで行くことを少しだけ期待します。

そしてガンガレフジキセキ。
牝馬→短距離ダート→芝短距離
活躍できる場を広げていったフジキセキ。残るは芝中長距離のチャンピオンホース。
しかし残された時間はそう多くないはず。
父のあとを引き継いでリーディングサイヤーになる日を夢見ているぞ。

有馬記念週間その3

20071220000641
忙しい忙しいと言いながら、今日は昼間ウインズ難波に行ってきました。
年末までのPC修理に電源が必要になりましてね。日本橋に行ったついでと言うことにしておいてください。

買ったレースは二つ。
園田競馬7レースと川崎の全日本二歳優駿。
園田7レースは当たり前のように外して全日本二歳優駿。
断然人気が確実な12レインボーペガサスをまず疑う。
評価されているのは前走京都の500万下もちの木賞。
しかし北海道2歳優駿、兵庫ジュニアゴールドCを見ている限り、中央の500万下を勝ったぐらいでは信頼は出来ない。
むしろ地方競馬でしっかり結果を残してきた馬を買う方が期待値は高いはず。
と言うことで単純に北海道2歳優駿の勝ち馬北海道のディラクエと兵庫ジュニアGCの勝ち馬、JRAのディアヤマトの2頭の単勝を500円ずつ。
さらに前走初ダートを逃げて快勝したイイデケンシンを前述2頭に加えて馬連(地方競馬では普通馬複と言うらしい)の3頭ボックスに金額の強弱をつけて購入。
ついでにこの3頭の三連復。

結果は写真の通り。
オッズは3060円だから1500円投資で1560円の儲け。

なんか昔こんな風に競馬を覚えていったのを思い出します。
ある程度狙った馬券を取れるようになるまでに3年くらいかかったんですよ。でも有馬記念は苦手で初めて馬券をとったのが1999年のグラスワンダーとスペシャルウィークの馬連一点買いでした。

今僕は地方競馬でそう言った成長の過程を2倍くらいのスピードでもう一度やり直している感じです。
自分の成長を身を持って体験できるのが馬券です。
あー僕は馬券のある国に生まれてよかった。
世界一の売上高を誇る有馬記念が存在する国に生まれてよかった。

ダーレー、一時転戦

ダーレー馬主撤退、日本進出は一頓挫 (ニッカンスポーツ)

どうもダーレーの中でいざこざがあったみたいです。
日本競馬には日本独特の流儀が多数あって、それ故日本競馬界への進出は障害レースのように越えなければいけない物が沢山ある。
その障害を一つ一つ飛越させていたのが高橋力氏であったわけですが、、、、高橋氏が解任ですよ。こりゃまいった。

しかし大手馬主(社台グループやマイネル軍団、金、近、関など)にとってはホッと一安心でしょうかね。
僕としてはかなりがっかりだけど。

地方競馬をはじめとする日本競馬のシステムって完全に勤続疲労を起こしていまして、それをどないか新しいシステムに仕上げるにも金が回らない状態なんですよ。
なんとか名古屋や岩手は来年も開催されますが、旭川は来年で終わりだし、高知は高知競馬の象徴的レース「黒船賞」を来年は行わない方針を固めています。
もちろん高知は「行わない」のではなく「行えない」んですよ。当面賞金などの運営資金が集められないから。
そう言う「金の流れ」をどういう形であれ競馬の方に向かわせるカンフル剤になると思うんですよね、外資(ダーレー)って。
船橋の馬主資格の返上だし、いい馬を日本に入れて・・・ってのは無くなるんでしょうな。しばらくは。

こうなってしまうと高橋氏のとっていたスタンス(ダーレーと日本競馬との融和)は崩れ、みんなが恐れている「結局ダーレーの種牡馬抜きでは競馬が成り立たない」と言う状況に持って行かれる可能性が出てきたわけです。
オーストラリアにおけるクールモア的戦略です。
現状の日本競馬が「社台の種牡馬抜きでは成り立たない」のと似たような状況ですかね。
そうなったら日本の競馬資本がガンガン海外流出しちゃうわけで、地方競馬の再生とか100年続く競馬のシステムとか、そんな話しではなくなってくるわけですわ。


日本競馬はどうなっちまうんだろうなぁ。

武vs岩田を武豊TV!風に

以前武豊がリーディングジョッキーは危なそうだと書いていましたが、なんと9月には岩田康成を抜きリーディングでトップに立っています。
kishu.gif

夏の間に小倉競馬場で一日4勝ペースで稼ぎまくって差を詰めたんです。
なにかダービー直前の衝撃の乗り替わりが、アドマイヤ以外の大手馬主が持つアンチアドマイヤ心に火を付けたように有力馬が集まってくるようになったんですね(笑)
いや、競馬は面白い。
しかし追い抜かれた岩田も大した物で、一度追い抜かれたら突き放されると思っていたところ、ここ数週ずっと3~4勝差でマークするような形です。
まさにデッドヒート。年末までこの調子で競ってほしいものです。

先週の土曜日、そんな武豊対岩田康成を象徴するようなレースがありました。
京都2レース2歳未勝利戦
勝ったのは岩田の8ゼットスピール。2着は武豊の3ラヴファンタジスタ。その差はアタマ差。
僅差もさることながら、このレースは4コーナーから直線入り口で2人の面白い攻防が繰り広げられていたのです。

馬券版ディズニーランドに期待。

20071105000706
嫁さんが東京ディズニーランドに行ってきた。
大阪からわざわざ2泊してディズニーランドに行くなんて、好きじゃないものからしてみれば狂気の沙汰な訳だが、
世間的に見れば僕の地方競馬場巡礼の方が狂気の沙汰なのは十分理解できるので何も言わない事にしている。

今日帰ってきた嫁が母に土産と言ってパスタを買ってきた。
パスタ自身もミッキーマウスなら蓋までミッキーマウス。
他にも買ってきた土産物はすべてミッキーマウス。
こういう世界観を統一しているのはすごい。
徹底し、首尾一貫しているからこそ大人も夢の国にどっぷりと浸かる事ができるんだろうと思う。
その辺がUSJとの大きな違いだ。

個人的には競馬場でどっぷりと夢の国にハマりたいので、是非どこかの競馬場がディズニーランドの運営会社である「オリエンタルランド」から人材を引き抜き、馬券のディズニーランドを作ってもらいたい。

結局いつも通りオチは馬。
ヒヒン。

帰ってきたTrickerへの道 第四回 天皇賞(秋)編

20070928133040.jpg
やぎ:今週は的中したのに遅くなってしまった。

20070928133040.jpg
弟子A:あ、ホントですね(笑)
って自慢する話でも威張る話でもないですけどね。
なんかJBCも獲ったらしいじゃないですか。


20070928133040.jpg
やぎ:なんで知ってるの?

20070928133040.jpg
弟子A:弟子B君が「やぎ先生がガッツポーズしてた。時間的に見てJBCの時間だと思う。」ってメールしてきてました(笑)
では早速反省しちゃいましょう。今週から一週間で買ったレースを先に報告してもらいます。


20070928133040.jpg
やぎ:はい。では
10/25 北海道2歳優駿(札幌・道営)
10/28 天皇賞(秋)
10/31 JBCスプリント JBCクラシック(大井)
の3レース買いました。


20070928133040.jpg
弟子A:今週も中央はG1のみなんですね。
では、北海道2歳優駿からいきましょうか。

マスコミのフィルタリング

20071031001834
なんかもめてるけどさ、
新聞記者がキチンとフィルタリングしないからもめるんちゃうかね。
コメント垂れ流しなら、ブログでええやん。
キッチリ解釈せん、自分の考えが入ってないような記事は
「言ってることと違うことを書かれた」
て騎手に言われるのを怖がってるように思える。
まして「福島に行っとけ!」なんて言葉、記事にして紙面に載せる意味あるんやろか?

週刊競馬ブックのコメント欄はその「解釈」ができてるエエ記事やと思います。
以下週刊競馬ブック
<以下引用>
休み明けだったけど、いい感じに仕上がっていたし、道中もいいところにつけられた。でも直線でこれからという時に前をカットされて立て直して外に出すロスが痛かった。勝つところはなかったかも知れないけど、まともなら2着はあったはず。ゴール前で失速気味だったので距離が短くなるマイルCSは楽しみだけど、G1にしては後味の悪いレースになってしまった。
<引用終わり>

以下時事通信社
進路妨害に怒り爆発=競馬天皇賞
<以下引用>
 騎手が引き揚げてくる検量室は殺気立っていた。先行した北海道競馬の星、コスモバルクが最後の直線で左右によれ騎手の五十嵐に戒告処分。8着でゴールしたエイシンデピュティの柴山も上位人気のダイワメジャー、アドマイヤムーンなど4頭の進路を妨害し14着に降着、次週からの騎乗停止処分を受けた。
 怒りをぶちまけたのはコスモバルクに前を2度横切られ3着だったカンパニーの福永。「コスモバルクは毎回、毎回やっている。五十嵐さんはG1に乗る騎手じゃない。(ローカルの)福島にでも行っていればいい。勘弁してくれ」とまくし立てた。五十嵐は「毎回のことだから考えていかないと…。これからどうしていくか、僕自身の課題」と神妙な顔つき。後味の悪いレースになってしまった。(了)

<引用終わり>

天皇賞(秋)出走馬短評

1メイショウサムソン
短いことは確か

2エイシンデヒュティ
実力不足

3コスモバルク
前に行くのは有利

4デルタブルース
短い

5ローゼンクロイツ
怖い

6カンパニー
2着までなら

7シルクネクサス
出てるのを今知りました

8ボンネビルレコード
一叩き

9アグネスアーク
2着候補

10ブライトトゥモロー
後ろからでは届かない

11シャドウゲイト
馬場が渋れば

12アドマイヤムーン
条件は最適

13チョウサン
ここでは足りない

14ダイワメジャー
昨年より苦しい

15ポップロック
もう少し長い方が

16マツリダゴッホ
中山限定

勝つ可能性があるのは6頭くらい。

« 新しい記事へ  | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

やぎ

Author:やぎ
ニックネームは「やぎ」です。
最近は「週刊ひがしおおさか」の中の人として活動しておます。
ラグビーをはじめとする、広報のお仕事もしています。
書くことが仕事になって、ちょっと感慨深いです。
これも毎日ここで書いてきたおかげかな?
仕事にはならないようなことをここでは書き続けようと思います。

趣味はYouTube鑑賞。

FC2カウンター

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

おすすめ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter

全国スポーツ競技場行脚

ラグビー

大阪

・近鉄花園ラグビー場
2011.01.29 キヤノン 対 ホンダ
2010.05.16 近鉄 対 関西学院大学
2008.01.12 近鉄 対 ワールド

・近鉄花園ラグビー場第二グランド
2009.12.05 摂南大学 対 大阪体育大学

・東大阪多目的グランド(第3グランド)

・長居陸上競技場

・長居第二陸上競技場

・ドコモ南港グラウンド


近畿

・宝が池球技場 (京都)
2012.11.04 天理大学 対 立命館大学

・西京極陸上競技場 (京都)
2015.11.21 サントリー 対 クボタ

・神戸総合運動公園競技場 (兵庫)
2015.06.14 神戸製鋼OB 対 ワールドOB
2013.11.24 近畿大学 対 関西学院大学

・加古川運動公園陸上競技場 (兵庫)

・ホームズスタジアム神戸 (兵庫)

・天理親里球技場 (奈良) 2016.06.05 天理大学 対 帝京大学


関東

・秩父宮ラグビー場 (東京)

・ニッパツ三ツ沢球技場 (神奈川)


中部

・名古屋市瑞穂競技場 (愛知)

・トヨタスタジアム (愛知)

・鈴鹿スポーツガーデン (三重)

・西部緑地公園陸上競技場 (石川)


四国

・徳島市競技場 (徳島)

・ポカリスエットスタジアム (徳島)


九州

・レベルファイブスタジアム (福岡)


野球場

・マツダスタジアム
2010.08.12 広島東洋カープ 対 阪神タイガーズ

・(旧)広島市民球場

・オリーブスタジアム

・鳴門市民球場

・花園セントラルスタジアム


室内

池田市五月山体育館
2009.12.20 大阪エヴェッサ 対 仙台89ERS

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブクログ本棚

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。